東京都多摩エリアで淡水小物釣りを楽しもう:シーズン&代表的ターゲット

東京都多摩エリアで淡水小物釣りを楽しもう:シーズン&代表的ターゲット

川の小魚釣りは釣り入門にぴったり。春になると魚たちの活性も上がってきます。今回は、東京・多摩エリアで楽しむための方法を紹介します。

東京都のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像提供:WEBライター・菊池英則)

菊池英則

釣り&温泉ライター。元新聞記者。東京エリアの釣り事情にズバッと切り込みます!

×閉じる

淡水の釣り 小魚釣り

多摩川支流のターゲット

多摩川本流以外でも、武蔵野地区を流れる支流の野川でも、小物釣りが楽しめます。

メインはクチボソ・子鯉

メインターゲットはクチボソと子鯉。こちらも春先、水温が上がる頃から狙えるようになり、初夏にかけてがトップシーズンになります。

オイカワ、カワムツ

このほか、清瀬市や東久留米市内など多摩北部エリアを流れる隅田川(新河岸川)水系の柳瀬川や黒目川では、エサや毛バリで、春先からオイカワやカワムツを狙えます。

東京都多摩エリアで淡水小物釣りを楽しもう:シーズン&代表的ターゲットチャラ瀬の清流「柳瀬川」(提供:WEBライター・菊池英則)

子アユも狙える

柳瀬川では、「よせアミ」というまきエサを使って、エサのついていない金色の空バリにウキをつけて狙う、6月解禁の子アユ釣りが有名で、主に地元の釣り人が楽しんでいます。

東京都多摩エリアで淡水小物釣りを楽しもう:シーズン&代表的ターゲット柳瀬川の子アユ(提供:WEBライター・菊池英則)

このように、一言に「多摩」の淡水釣りと言っても、釣れる魚とシーズンは実にバラエティーに富んでいます。このエリアの魅力と言えるでしょう。かつては生活排水が流れ込んでドブ川だらけだったエリアで、釣りが楽しめるようになったことに感謝し、魚はリリース、ゴミを捨てないなど自然環境への配慮も忘れずに釣りを楽しみたいものです。今回は、クチボソやモロコなどコイ科の小魚釣りを、狭い定義での「小物釣り」として、楽しみ方を紹介してみました。

<菊池英則/TSURINEWS・WEBライター>

緊急事態宣言は解除されましたが、外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。