船サビキ釣りでメバル「115尾」と爆釣 驚異の9点掛けも【宮城・大海丸】

船サビキ釣りでメバル「115尾」と爆釣 驚異の9点掛けも【宮城・大海丸】

宮城県亘理沖では、寒さの厳しいこの時期に「春告げ魚」のクロメバル釣りがベストシーズンを向かえる。尺メバルも飛び出した釣行をレポートしたい。

宮城県のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像提供:週刊つりニュース関東版 菅野順也)

TSURINEWS編集部

船釣り エサ釣り

釣り船大海丸でクロメバル狙い

日の出直前の6時30分に水深35mのポイントに到着した釣り船大海丸。舵を握る山川大海船長は「今シーズンは型・数ともいいようです。尺超えがよく交じって、100尾超えの釣果も珍しくないですね」と、にこやかに話す。「海底は漁礁です。底上2~3mのタナでお願いします」とアナウンス。

船サビキ釣りでメバル「115尾」と爆釣 驚異の9点掛けも【宮城・大海丸】タックル図(作図:週刊つりニュース関東版 菅野順也)

群れを探す間もなくゴーサインがでた。「これは濃い群れがいるな」と期待が膨らむ。私が使用した仕掛けは、サバ皮サビキ胴突き6本バリ。

いきなり32cm尺メバル登場

仕掛けがタナに入るとすぐに反応が伝わってきた。プルプル、コンコン、ガンガンと、軽快に躍る穂先は掛かった魚のサイズによって明確に変化する。きょうは朝イチから尺超えの証となるゴンゴンゴンが表れた。上がってきたのは32cmの特大。朝日に映える丸々とした魚体。”小気味いい”と表現されるこの魚のアタリとはほど遠い豪快な手応えだ。

船サビキ釣りでメバル「115尾」と爆釣 驚異の9点掛けも【宮城・大海丸】追い食いがだいご味(提供:週刊つりニュース関東版 菅野順也)

以前、この海域ではメロウド(イカナゴ)をエサにした大型狙いが主流だったが、エサが不漁で入荷困難な状態。しかし、活性がとても高いのでサビキでも尺超えが飛びついてくる。1尾目が掛かってから追い食いを待つ時間は1~2分。多点掛けを狙うのがこの釣りのだいご味だ。船上では次つぎに、のれんのような多点掛けで釣れてくる。

女性ビギナーでも数釣り堪能

父親と姉妹で仲よく竿を出している米沢市の斉藤姫奈さん(姉)は「小学生以来2回目の船釣りで、クロメバルは初めて。「もっと難しいと思っていましたが、簡単にたくさん釣れて嬉しいです」とにっこり。

船サビキ釣りでメバル「115尾」と爆釣 驚異の9点掛けも【宮城・大海丸】本命にニッコリ(提供:週刊つりニュース関東版 菅野順也)

妹の瑞姫さんも「船に乗って釣るのは初めてですが、心配だった船酔いはなく安心しました。魚が掛かると竿を持つ手に伝わってくるのが面白いですね」と笑顔がこぼれる。

順調に数を伸ばす

前回、たくさん釣れたので再釣行したと話す亘理郡・水沼義信さんは「魚は食べるより釣るほうが好きです。穂先の揺れがたまりませんね。これが見たくて来ていますよ」と連発。

船サビキ釣りでメバル「115尾」と爆釣 驚異の9点掛けも【宮城・大海丸】クロメバル連発だ(提供:週刊つりニュース関東版 菅野順也)

つねに多点掛けを意識していた仙台市の千坂光雄さんは「釣って楽しく食べても美味い最高の魚ですね。引きも強くてなおさらですよ」と順調に数を伸ばす。

次のページでメバルが9点掛け!

新型コロナウイルス感染拡大に伴う緊急事態宣言は全国で解除されましたが、外出する際には各自治体の最新情報を確認するなど引き続き感染拡大防止に努めてください。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしています。