アジ&アラカブのリレー釣り満喫 初挑戦で両本命2ケタ釣果【福岡】

アジ&アラカブのリレー釣り満喫 初挑戦で両本命2ケタ釣果【福岡】

1月25日、中潮。北九州市・門司港の東港から出ている神幸丸にお世話になり、関門海峡のアジ&アラカブのリレー釣りに初挑戦しました。

福岡県のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像提供:週刊つりニュース西部版 APC・石川美佐代)

TSURINEWS編集部

船釣り エサ釣り

神幸丸でアジ&アラカブリレー

1月25日、中潮。北九州市・門司港の東港から出ている神幸丸にお世話になり、関門海峡のアジ&アラカブのリレー釣りに初挑戦。

この日は冬の寒さが少し和らぎ、この時期では珍しくお天気も良く、釣り日よりとなりました。日中は晴天予報だけあって、朝の冷え込みで船のデッキは露が凍っており、私は荷物を持ったまま滑りこけて「キャーッ!」という声が朝イチのまだ暗い港に響き渡り、そんな感じで一日が始まりました。

アジ&アラカブのリレー釣り満喫 初挑戦で両本命2ケタ釣果【福岡】タックル図(作図:週刊つりニュース西部版 APC・石川美佐代)

午前6時45分に出港し、始めのポイントは関釜フェリー(山口県下関市)の港付近へ。アジのサビキ釣りからのスタートです。

パターン掴み25cm級アジ入れ食い

アミエビをカゴへ詰めて落としていきます。着底すると、何度かシャクリを入れてタナを探っていきますが、なかなかアタリがありません。

何回かポイントを替わり、1時間ほどたったころに同乗者にアタリが。「どうやらシャクリを2回ほど入れた後に着底したとき、サビキを少し緩ませているとアタリがある」とのアドバイスをいただいたので、私もまねして緩ませていると、すぐにアタリがありました。アワセを入れて慎重に巻くと、15cmほどのアジがぷるぷるしながら上がってきました。

「あ、これなのね、なるほど!」と思いました。アミエビが放出するのと同じようにサビキにふわふわ感をだすために緩ませることで、アジが違和感なく掛かるということのようです。

このアタリ方が分かってからは、すぐに私も25cmほどの良型が交じりながらの入れ食い状態。11尾ほど釣れました。

時合い来てアラカブも入れ食い

10時ごろからは関門橋をくぐり、アラカブのポイントへ。覚悟はしていたけど、1投目からの根掛かりで始まり、連続して焦ります。

ちょっと心が折れそうでしたが、何とか底取りからの10cmほど上げての繰り返しができるようになって、ゴツゴツとアタリがあり、1尾目のアラカブは岸からよく上がるサイズでした。

アジ&アラカブのリレー釣り満喫 初挑戦で両本命2ケタ釣果【福岡】キープしたアラカブ(提供:週刊つりニュース西部版 APC・石川美佐代)

時合いが来ると入れ食い状態に。良型も交じりながら、ちょっとウキウキ。やはり釣れると楽しさが倍増しますね。

アジ&アラカブ料理に舌鼓

そんな楽しい時間も、あっという間に過ぎて納竿。私の釣果は、アジ11尾、アラカブはリリース含めて25尾でした。港に戻り、ほかの人たちの釣果は数・型ともに良く、私はリベンジ決定です。

アジの刺し身は脂の乗りも良く、特有の甘みも堪能できて本当においしかったです。アラカブは塩焼きとお味噌汁でいただきました。

<週刊つりニュース西部版 APC・石川美佐代/TSURINEWS編>

▼この釣り船について
神幸丸
出船場所:門司港
この記事は『週刊つりニュース西部版』2021年2月12日号に掲載された記事を再編集したものになります。

現在、一部都府県に緊急事態宣言もしくはまん延防止等重点措置が発令中です。外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。