アジングゲームで25cm級 マイクロメタルジグで沖の表層攻略【大阪】

アジングゲームで25cm級 マイクロメタルジグで沖の表層攻略【大阪】

12月からようやく大阪南港にアジが入り、1月もまだ少し残っている。主に豆アジだが、今回は良型の姿も。数は伸び悩んだがアジンガーの私は嬉しい。

大阪府のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像提供:WEBライター・井上海生)

井上海生

フィールドは大阪近郊。ライトゲームメイン。華奢なアジングロッドで大物を獲ることにロマンを感じます。

×閉じる

ソルトルアー ショア

大阪南港でライトゲーム

1月中旬、大阪南港へ釣行。当日の状況は以下の通りだ。

日時:1月19日 17時~19時
天候:晴れ 爆風後の凪ぎ
潮回り:小潮 22時頃満潮

到着すると爆風が吹いていた。来る前から、16時台は北西6mという気象情報が出ていたが、夜にかけて穏やかになるという予報だったので、メバリングからスタート。

しかしまだ残照の時間は、メバルがなかなか浮いてこない。カサゴをちょこちょこ釣っていると、隣りで青物を狙っていたアングラーが「今日はアジが入ってるよ」と教えてくれた。

アジングゲームに転戦

それはすばらしい。この秋大阪南港のアジは壊滅的だったので、ちょっとでも釣れる可能性あるなら……とアジ狙いに変更した。リールのスプールを、エステルラインを巻いたものに変える。

すると、ちょこちょこアタるのだが、風に煽られて乗せバラしが連発。サオを下げて操作しながら工夫したが、反応のいい群れは抜けてしまった。少し場所を移る。すると18時頃から、さっきまで吹いていた爆風がぴたっと止まった。そしてチェストライトで照らすと、暗い海の中でばちゃっとアジが光に反応して跳ねる。

「沖の表層」を攻略できるリグ

群れは岸から20mくらいの表層に入っていた。このパターン、なかなか釣りにくい。「遠い表層」はアジングでは一番やりにくいレンジだ。しかし、なんとか釣ってやろうと、軽量ヘッドに重量感のある2inch級ワームを刺したリグに変更。

アジングゲームで25cm級 マイクロメタルジグで沖の表層攻略【大阪】軽量ヘッド+2inchワームで沖の表層狙い(提供:WEBライター・井上海生)

これに反応があり、まず1尾仕留めた。しかし後が続かない。群れは確実にいるのだが、ワームに口を使ってくれない。どうしたものか、試してみようと閃いたのがメタルルアーである。

アジングゲームで25cm級 マイクロメタルジグで沖の表層攻略【大阪】ひとまず良型25cm級アジ(提供:WEBライター・井上海生)

メタルで25cm級を2尾

チャートカラー、マニュアル操作のマイクロメタルジグ。ここ最近、ただ巻きでメバルを出しまくっている個人的なアタリルアーに付け替えてキャスト。何も特別な操作はせず、トレースしていると、アジがメタルルアーを引ったくった。

アジングゲームで25cm級 マイクロメタルジグで沖の表層攻略【大阪】メタルで良型アジ(提供:WEBライター・井上海生)

サイズは25cm級。大阪南港の冬のアベレージサイズである。いい群れにアタれば、終夜このサイズが釣れ続ける。しかし残念ながら、この日のアジの機嫌を読めず、2尾で止まった。

ただその後、足元でメバルでもと思っていると、またアジが来た。これも良型。たまーにある足元パターン。アジングにはこれがある。足元はアジにとって1つの壁なので、ここまでベイトフィッシュを追い詰めて捕食するのだ。あるいは、潮に乗って滞留したプランクトンを食べにくる。

次のページで冬の定番ターゲットも反応アリ!

現在、一部都道府県に緊急事態宣言が発令中です。外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。