投げ釣りで『マコガレイ』手中 時合いはたったの30分【岸和田一文字】

投げ釣りで『マコガレイ』手中 時合いはたったの30分【岸和田一文字】

岸和田一文字から「クリスマスカレイ」と呼ばれる冬の風物詩の情報が入ってきた。1月11日、ラストチャンスに賭けた釣行の模様をお届けする。

大阪府のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像提供:WEBライター・伴野慶幸)

Avatar photo
伴野慶幸

へっぽこ釣り師の伴野慶幸です。尼崎~垂水間の渡船利用の沖堤防 がメインフィールドです。

×閉じる

海釣り 投釣り

沖一文字では8匹の釣果も

旧一文字での釣果をクーラーに入れて、9時の迎え便で沖一文字に移動した。船着き場は「沖の北」1か所のみ。船着き場から少し北寄りの場所で一応投げ釣りのサオ出しはしたが、そこは沖一文字のカレイのポイントではなく、時合いも終了しているので、取材のつもりで波止の様子を見て歩いた。

投げ釣りで『マコガレイ』手中 時合いはたったの30分【岸和田一文字】沖の一文字へ移動(提供:WEBライター・伴野慶幸)

全体的に釣れていない釣り人が多かったが、岸和田渡船のスタッフから当日聞いていた「ごく特定の場所」で、圧巻の釣果が上がっていた。若者3人組がサオ出ししていて「少し前に6匹パタパタっと釣れました。友達も2匹釣れました」とのこと。

釣果を見せてもらうと、何とストリンガーに40cm級を筆頭に6匹の良型カレイが束で吊るされていた。しかも驚いたことに、「手前5mぐらいの所ですよ」と、定番の30m付近とは違う投点での釣果に、海は分からないものだと改めて実感した。

常連グループの釣果に感嘆

結局、沖一文字では私には釣果はなく、旧一文字での1匹が最終釣果となった。11時の便で引き揚げると、先に乗船していた地元常連グループの姿があった。マスク越しにも充実感が感じられる数々の表情の源は、船の甲板に置かれていたバケツの中。中波止と旧一文字赤灯台での釣果で、40cm超えのキビレに良型ハネが、まるで漁港の水揚げの如く何匹も詰め込まれていた。

船着き場に戻ると船長もメンバーも笑顔で釣果を撮影。やはりこの人達は別格だと感嘆した。釣果は1匹でも、様々な情報を得て収穫ありの初釣りに。釣果は煮付けにして夕食で賞味した。

投げ釣りで『マコガレイ』手中 時合いはたったの30分【岸和田一文字】カレイは煮付けに(提供:WEBライター・伴野慶幸)

「花見カレイ」に期待

岸和田一文字のカレイは、今回釣行の「クリスマスカレイ」に続いて、3月下旬から4月にかけての約1か月間に、「花見カレイ」と呼ばれるネクストシーズンがある。岸和田渡船のホームページの釣果情報を細やかにチェックして、どの波止、どの場所、どの投点で釣れているか、リアルタイムでの情報収集をお勧めしたい。

花見カレイシーズンの土日祝は、始発便でないとお目当てのポイントには入れないポイント争奪バトルが展開される。釣行は計画的に余裕を持って、十分に準備して臨むが吉だ。

<伴野慶幸/TSURINEWS・WEBライター>

▼この釣り場について
岸和田渡船

緊急事態宣言は解除されましたが、外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。