釣行後ルーティーン:アジング編 当日の『振り返り』が重要なワケとは

釣行後ルーティーン:アジング編 当日の『振り返り』が重要なワケとは

アジングはやり込む要素が多い釣り。釣行後に釣具をメンテしながら、その日のパターンを振り返ることは、次の釣果に繋げるために大事なことだ。

(アイキャッチ画像提供:WEBライター・井上海生)

井上海生

フィールドは大阪近郊。ライトゲームメイン。華奢なアジングロッドで大物を獲ることにロマンを感じます。

×閉じる

ソルトルアー ショア

当日のパターンを振り返る

アジングは毎回が学習である。その日、そのときのパターンを分析して、自分の中に引き出しをいくつも作っていく。次の海で最高のパフォーマンスを出すために、頼りになるのは道具の力ではない。人間の経験と学習能力だ。

例えば私の場合、先日はいつもの常夜灯下で、初めて巻きパターンを経験した。レンジキープ「止め」の釣りでは、まったく食ってこなかった。こんなことは異例なのだが、プラグでサバも釣れた。メタルルアーにもアジが食ってきて、本当に巻き以外では触るだけだった。

釣行後ルーティーン:アジング編 当日の『振り返り』が重要なワケとは筆者にとって初のパターンとなったプラグの巻き(提供:WEBライター・井上海生)

それがなぜなのかは分からないところがある。冬のシャローのリバーアジングだ。単にベイトフィッシュパターンとも思えない。しかし、とにかく「巻き」というオプションを試すのが遅すぎた。自分の中でここのアジは0.4gのヘッドでレンジキープというパターンが出来上がっており、「巻き」があるなんて思っていなかったのだ。

このような発見は、確実に次に活きる。アジングビギナーは、例えば「新月大潮周りは常夜灯下がやはりカンタンだ」など、そういうところから、その都度の釣行ごとにどういう状況でどんなパターンがハマったか、自分の中に「釣れるパターン」を組み立てていこう。

次の釣行に活かす

海水温が低くなると、アジは難しくなる。15℃くらいがアジの適水温と言われていて、これを下回ると食いが悪くなるのだが、12℃くらいまでは遜色なく釣れる日もある。冬はその日の海水温とアジの動き方も、頭の中で意識して読みをつくりたい。

また秋は、イカ、タチウオの活性とアジの動きが相関する。次の潮回りは満月?それならイカとタチウオの活性が上がって、アジは渋くなる。そういう他魚種との関係も知って、次の釣行に向けて「入る場所、打つべき範囲」まで考えて、その日のアジングを振り返ってみよう。

釣行後ルーティーン:アジング編 当日の『振り返り』が重要なワケとは釣るだけで満足せずパターン分析を(提供:WEBライター・井上海生)

<井上海生/TSURINEWS・WEBライター>

新型コロナウイルス感染拡大に伴う緊急事態宣言は全国で解除されましたが、外出する際には各自治体の最新情報を確認するなど引き続き感染拡大防止に努めてください。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしています。