今さら聞けないカサゴゲームのキホン:狙うべき「変化ある場所」3選

今さら聞けないカサゴゲームのキホン:狙うべき「変化ある場所」3選

カサゴは漁港や波止のキワなどに付く。それも、地形変化の入った場所が身を隠しやすいのか、お好みのようだ。今回は良型カサゴが潜む「変化のある場所」を3つ紹介しよう。

(アイキャッチ画像提供:WEBライター・井上海生)

井上海生

フィールドは大阪近郊。ライトゲームメイン。華奢なアジングロッドで大物を獲ることにロマンを感じます。

×閉じる

ソルトルアー ショア

オープンウォーター

代表的な「変化のある場所」は、以上3選といったところだろうか。

その他にも、カサゴが堤防際を離れてオープンウォーター気味につく場所として、漁船のシェード(影)、ミオ筋などがある。漁船のシェードは、係留縄などがあるので漁業関係者に迷惑を掛けないように、慣れないうちはあまり打たない方がいい(下手投げで器用に投入するようにしよう)。ただ、うまく打てば、デイでも良型カサゴが引きずり出せる場所だ。

今さら聞けないカサゴゲームのキホン:狙うべき「変化ある場所」3選漁船のシェードも狙い目(提供:WEBライター・井上海生)

ミオ筋とは、漁港から外海に向かって出ていく筋のことだ。漁船が出入りするために深くなっていることが多く、そういう場所はおそらく底にも地形変化が入っているのだろう、カサゴがよく付いている。ただ、水中で何かと漁船にかき回されていて根が荒いことも多いので、あまりタイトに底ベタを取らないように打ちたい。軽量のジグヘッドを投入し、ボトム付近を漂わせて魚のバイトを待つイメージでいこう。

「変化のある場所」で良型を

カサゴは海のどこにでもいるような魚だが(ただ、そういえばあまり汽水域では釣れない気がする…)、専門で狙うなら大型を出したい。やはり大型はカサゴの群れの中でも優先的に上述のような「変化のある場所」に付くので、そこを狙い打って25cmアップを目指そう。

<井上海生/TSURINEWS・WEBライター>

新型コロナウイルス感染拡大に伴う緊急事態宣言は全国で解除されましたが、外出する際には各自治体の最新情報を確認するなど引き続き感染拡大防止に努めてください。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしています。