陸っぱり「ライトゲーム」で五目釣り達成 メバルにカサゴにソイ【三重】

陸っぱり「ライトゲーム」で五目釣り達成 メバルにカサゴにソイ【三重】

21年の元日は爆風だったので、初釣りは翌日以降かと思っていたが、夕方になると風が落ち着いてきた。そこで近場の三重県・四日市港へライトゲーム釣行。

三重県のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像提供:週刊つりニュース中部版APC・浅井達志)

TSURINEWS編集部

ソルトルアー ショア

四日市港でライトゲーム

元日は爆風だったが、夕方になると風が落ち着いてきた。そこで近場の三重県・四日市港へ初釣りに行ってきた。午後7時ごろに到着すると、釣り場には誰もいない。もちろん港湾作業もお休みで、港全体が静寂に包まれている。

いつもの釣り場なのに、いつもとは違う不思議な雰囲気。そんな気分を味わいながらレッドペッパー・ナノをセットし、昨年末好調だったセイゴをトップで狙っていく。

陸っぱり「ライトゲーム」で五目釣り達成 メバルにカサゴにソイ【三重】当日のタックル(作図:週刊つりニュース中部版APC・浅井達志)

ところが、数日前なら簡単に水面を割ってくれた20~30cm級が、まるで姿を見せない。そこでパワーイソメのジグヘッドリグに変更するが状況は変わらず。いくら潮止まりとはいえ、ショートバイトすらないのはあまりにも不自然だ。

移動しながら数カ所のポイントをたたいてみた結果、これは急激な冷え込みによる表水温の低下が原因だろうという結論に達した。

根魚狙いにシフト

そこでセイゴは諦め、低水温に強い根魚を狙っていく。岸壁の足元を探ると間髪入れずに15cmほどのカサゴが飛び出し、これが2021年の1匹目となった。

その後もカサゴは連発。サイズは10cm級から20cm超までバラバラだが、小メバルやタケノコメバルも交じる。

陸っぱり「ライトゲーム」で五目釣り達成 メバルにカサゴにソイ【三重】タケノコメバルもヒット(提供:週刊つりニュース中部版APC・浅井達志)

しばらくして下げ潮が効き始めたところで、運河からの流れが絡む場所に移動。0.4gの軽量ジグヘッドで水面直下を探ると、気のせいかと思うような違和感がある。回収してみるとワームが折れ曲がっているので食っているのは間違いないのだが、なかなかフッキングに持ち込めない。

良型カサゴが連発

となれば下のレンジだ。カーブフォールで探っていくと、ボトム付近まで沈めたところでモゾッと食った。カサゴかと思ったが、ヒットしたのは20cm弱のメバル。読みは当たったようだが、それにしても深い。

ここから20cm級のカサゴが3連発。少し沈めすぎたようだ。とはいえ水深が浅いので、レンジコントロールが難しい。

陸っぱり「ライトゲーム」で五目釣り達成 メバルにカサゴにソイ【三重】カサゴは安定の釣果(提供:週刊つりニュース中部版APC・浅井達志)

そこで再び上を探ると、フォール直後にアタリ。アワセを入れると予想以上の重量感だ。エラ洗いからすぐにシーバスと判明。根に潜られる心配はないのでドラグを活用してファイトし、45cm級をキャッチした。

その後、水面直下のショートバイトを何とか乗せると、これが10cm級の小メバル。このサイズでは苦戦するはずだ。

トップでメバルも

やがて、わずかに風が出始めた。海面が荒れる前に何か釣れないかと、レッドペッパーをキャストしてみる。小刻みなドッグウオークで誘うと、ヒットしたのは20cm弱のメバル。何度もワームを通した場所だが、やはりアピール度の差なのだろうか。

続けて21cmも追加してサイズアップも達成。初釣りから予想以上の好成績だ。

陸っぱり「ライトゲーム」で五目釣り達成 メバルにカサゴにソイ【三重】レッドペッパー・ナノにヒットしたメバル21cm(提供:週刊つりニュース中部版APC・浅井達志)

次のページで五目釣り達成!

現在、一部都道府県に緊急事態宣言が発令中です。外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。