タイラバゲームでアマダイ&イトヨリ ピンクネクタイがキモ?【大分】

タイラバゲームでアマダイ&イトヨリ ピンクネクタイがキモ?【大分】

12月半ば、大分・弁天沖でタイラバゲーム。アマダイにイトヨリ、本命マダイまでゲットした釣行をレポートしたい。

大分県のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像提供:週刊つりニュース西部版APC・甲斐英一郎)

TSURINEWS編集部

ソルトルアー オフショア

五号地沖でタイラバゲーム

12月半ばの大潮。午前7時、いつものように弁天港(大分市)に集合し、村山船長のプライベート船で五号地沖へ出船。

当日も船長、原さん、私の3人でタイラバをしようと意気込んで船に乗り込んだ。先日、船長はいつも愛用していたタイラバのネクタイ部分(シルバーピンク)が魚により食いちぎられたため、釣具店を数店舗回りシルバーのヘッドによく合うピンク系のスカートとネクタイを購入していた。

当日は、それが大当たりする。港を出ると大きな波が船をあらう。私は船前部の進行方向に腰を下ろしていたため海水をかぶり朝から全身に寒さを感じる。テンションは下がりぎみ。

イトヨリ&アマダイ浮上

ゆっくり船を操船し、10分程度で釣り場に到着。水深45mのポイントで釣りを開始すると、いきなり船長にアタリ。慎重にやり取りして上がってきたのはイトヨリだ。

タイラバゲームでアマダイ&イトヨリ ピンクネクタイがキモ?【大分】船長がイトヨリ好捕(提供:週刊つりニュース西部版APC・甲斐英一郎)

続けて船長にアマダイ、朝一発目から2連チャン。そうこうしているうちに、隣の原さんにアタリ。ゆっくり巻き上げ、上がってきたのはアマダイだった。

ネクタイとハリが釣果差に?

8時30分ごろには、もう魚は4尾上がっていた。船のイケスへ入れている。その後、岸寄りに船は近づき30mを切ったところで、もう一度50mライン付近へ行く。そこから3回程度繰り返すが、その間に船の中央付近に釣座を構える。原さんにぽつぽつとイトヨリ、アマダイが釣れ船上も賑わう。

タイラバゲームでアマダイ&イトヨリ ピンクネクタイがキモ?【大分】原さんに良型イトヨリ(提供:週刊つりニュース西部版APC・甲斐英一郎)

私の方はというとエソ、小型のアマダイ、イトヨリを釣り上げたが、あまり勢いがない。2人にどうしてこんなに釣果差が出たか尋ねたところ、ネクタイはピンク、ハリは10~11号のセットを使用しているとのこと。

マダイ含めて5連チャン

10時30分ごろ、船長にアタリ。そこからアマダイ40cm級、イトヨリ35cm級2尾、アマダイ35cm級、マダイ30cm級とタイラバで5連チャン。たった10分の間に、どんどん魚を掛けて上げる。

私は、今度はカッパを着て船に乗ることにする。下半身を冷やして風邪を引かないようにしながら釣行したい。

タイラバゲームでアマダイ&イトヨリ ピンクネクタイがキモ?【大分】最終釣果(提供:週刊つりニュース西部版APC・甲斐英一郎)

<週刊つりニュース西部版 APC・甲斐英一郎/TSURINEWS編>

この記事は『週刊つりニュース西部版』2021年1月15日号に掲載された記事を再編集したものになります。

現在、一部都道府県に緊急事態宣言が発令中です。外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。