夜の陸っぱりアナゴ釣りで好釣果 足元狙って12匹【三重・霞ケ浦ふ頭】

夜の陸っぱりアナゴ釣りで好釣果 足元狙って12匹【三重・霞ケ浦ふ頭】

寒さを感じる季節になった12月後半、三重県四日市市の霞ケ浦ふ頭ではそろそろアナゴが釣れるようになるころだろうと思って釣行。爆釣とまではいかないものの、そこそこの釣果を残すことができたので報告しよう。

三重県のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像提供:週刊つりニュース中部版 APC・日比野昭光)

TSURINEWS編集部

海釣り 堤防釣り

霞ケ浦ふ頭でアナゴ釣り

いつものように桑名の釣具店フィッシング遊に立ち寄りアオイソメを購入。霞ケ浦に着いたのはまだ明るさの残った夕方の4時だった。けれど4時半には日も落ちてしまうので、辺りが明るいうちに用意しようと思い、ウールの釣り場でタックルの準備を始めた。タックルといっても、アナゴ釣りに特別な道具は必要ない。

夜の陸っぱりアナゴ釣りで好釣果 足元狙って12匹【三重・霞ケ浦ふ頭】当日のタックル(作図:週刊つりニュース中部版 APC・日比野昭光)

アナゴのアタリ方

仕掛けをセットすると日が落ち始め、すぐに爆釣しそうな予感がした。

しかし、当日は1時間が過ぎても全くアタリがなく、すっかり暗くなった午後6時に最初の1匹がヒットした。このときは万能ザオの穂先がビクビクと揺れ、スピニングリールを巻き始めると親指ほどの太さのアナゴが釣れた。

これに気を良くしてセットした3本の穂先を見ていると、一定の間隔を置いてアタリが出始めた。アナゴ釣りのアタリは、明確に出るときもあれば全く穂先に出ない場合もあるので、エサの有無の確認を含めて時々上げてみるといいと思う。

岸壁直下狙い釣果12匹

そしてウールの釣り方だが、ふ頭なので遠投する必要はなく直下で釣れる。サオの真下にスルスルと仕掛けを落とし、オモリが底に着いたらリールを少し巻いてミチイトを張り、あとはアナゴがヒットするのを待つだけだ。当日もこの方法で40cmの良型を含めて12匹釣ることができた。

夜の陸っぱりアナゴ釣りで好釣果 足元狙って12匹【三重・霞ケ浦ふ頭】40cmの良型も(提供:週刊つりニュース中部版 APC・日比野昭光)

寒さがもっと増すと、石炭ふ頭の深場で釣れるようになる。エサはサンマの切り身を使う人もいるが、私は夜に光って目立ちやすいといわれるアオイソメを気に入って使っている。食べてもおいしいアナゴは、これからが本番だ。

<週刊つりニュース中部版 APC・日比野昭光/TSURINEWS編>

▼この釣り場について
霞ケ浦ふ頭
この記事は『週刊つりニュース中部版』2021年1月15日号に掲載された記事を再編集したものになります。

現在、一部都道府県に緊急事態宣言が発令中です。外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。