【東海2021】『ボートフカセ釣り』で寒グレを攻略 まきエサは不要?

【東海2021】『ボートフカセ釣り』で寒グレを攻略 まきエサは不要?

磯からのウキフカセ釣りがメジャーなグレ釣り。今回はそんなグレをボートからのフカセ釣りで狙う方法を紹介します。

愛知県のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像提供:WEBライター・杉浦永)

Haruka_Sugiura

普段はボートからのベイフィッシングゲームがメインで、愛知県の衣浦港・衣浦マリーナから20フィートほどの湾内専用ボートで出船しています。シーバス・クロダイ・ロックフィッシュなど魚種を問わず、シーズナルゲームを楽しみながら、狙える魚は全て狙うスタンス。釣りの以外にも旅行を趣味として、歴史を学ぶのが好きです。

×閉じる

船釣り ボート釣り

フカセ釣りとは

フカセ釣りとは、「ライン」、「エサ」、「ハリ」、「ガン玉」だけで海中にナチュラルに漂わせる釣り方。超シンプル仕掛けだけあって、ナチュラルさを強みにターゲットを狙うことができます。

【東海2021】『ボートフカセ釣り』で寒グレを攻略 まきエサは不要?仕掛けはいたってシンプル(提供・WEBライター・杉浦永)

魅力としては、超ライトセッティングの仕掛けをいかに水中に馴染ませて、ターゲットに対してハリやラインなどの違和感を与えないようにエサを食わせるかという、駆け引きにあると個人的には感じています。この釣りをしていて潮流と仕掛けが「馴染んだ!」と感じた瞬間にアタリがとれると最高です!

メリット・デメリット

この釣りのメリットは、ナチュラルな仕掛けであるために魚に対して違和感を与えづらいです。これによって、ルアーに比べてスレ難いと思います。また、レンジ操作が容易であること。ナチュラル仕掛けであるために、表層からボトムまでレンジ操作が容易です。そのためにパターンをつかめば連発の可能性もアリ!

一方、デメリットは、ナチュラルさを求めるかわりに、胴突き仕掛けのように釣り人にとって操作性の高い釣りではないため、操作が難しい場合もあります。また、あまりにもレンジが深いと釣りづらいのも欠点。沖合のようなポイントでボトムを狙う場合や流れが速すぎる時はフカセ釣りがマッチしない場合もあります。

ポイント選びとエサ

続いてグレのポイントですが、私のホームである衣浦港では温排水の釣りがメインになります。12月になり水温が下がるタイミングで、三河湾や衣浦港に散らばっていたグレが集結すると考察しています。

そしてエサですが、私のグレのフカセ釣りにおいて、メインに使用するのはイソメやゴカイです。地域によってターゲットの食性はかわりますが、私のホームでは虫エサのヒット率が高いです。

【東海2021】『ボートフカセ釣り』で寒グレを攻略 まきエサは不要?エサにはアオイソメを使用(提供・WEBライター・杉浦永)

モエビも代用可能で、クロダイやキビレなどのターゲットも狙えるので、多魚種狙いならモエビがオススメです。

クロダイをメインで狙う場合はカニです。私のホームではグレはカニに対する食性が薄いのか、グレのヒット率は下がり、クロダイのヒット率が上がります。

ボートフカセのタックル

今回はボートから行うフカセ釣りを紹介します。まずは使用するタックルを紹介します。

ロッド・リール

ロッドとリールは、クロダイ落とし込みのUガイド長ザオを使用します。リールも落とし込み専用です。繊細なアタリを取るためのクロダイ落とし込みのUガイド長ザオと、魚の突発的な突っ込みに対応するための、指でドラグコントロールができる落とし込み専用リールというわけです。もちろん磯釣りタックルでも代用可能です。

【東海2021】『ボートフカセ釣り』で寒グレを攻略 まきエサは不要?タックルは落とし込み用を使っています(提供・WEBライター・杉浦永)

ラインの素材と太さ

ラインはナイロンラインやフロロカーボンライン0.6~1.5号がメインです。マヅメ時は活性が高い場合が多いので、1.5号の太めを使用します。昼の太陽の光が強い場合はよりナチュラルさを求めてラインを細くします。

ガン玉

ガン玉はB~2Bを使用します。流れの強さにもよりますが、流れが弱い時はなるべく軽めを使って、強い時は重くしていくように、状況に合わせたガン玉を使用します。

次のページでは基本の釣り方を解説

現在、一部都道府県に緊急事態宣言が発令中です。外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。