【東海2021】『ボートフカセ釣り』で寒グレを攻略 まきエサは不要?

【東海2021】『ボートフカセ釣り』で寒グレを攻略 まきエサは不要?

磯からのウキフカセ釣りがメジャーなグレ釣り。今回はそんなグレをボートからのフカセ釣りで狙う方法を紹介します。

愛知県のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像提供:WEBライター・杉浦永)

Haruka_Sugiura

普段はボートからのベイフィッシングゲームがメインで、愛知県の衣浦港・衣浦マリーナから20フィートほどの湾内専用ボートで出船しています。シーバス・クロダイ・ロックフィッシュなど魚種を問わず、シーズナルゲームを楽しみながら、狙える魚は全て狙うスタンス。釣りの以外にも旅行を趣味として、歴史を学ぶのが好きです。

×閉じる

船釣り ボート釣り

ボートフカセ基本の釣り方

ボートフカセ釣りの基本の釣り方は、ポイントの潮上に船を掛け、潮に乗せて仕掛けを流し込むというものです。磯のウキフカセのようなまきエサは使用しません。

【東海2021】『ボートフカセ釣り』で寒グレを攻略 まきエサは不要?ボートから仕留めたグレ(提供・WEBライター・杉浦永)

エサを海中に馴染ませる

最も重要になるメソッドは、エサをナチュラルに海中で馴染ませることです。ターゲットに対してハリやラインがあることへの違和感をなるべく少なくするために、ラインは細いものを使用して、ガン玉は軽く、ハリは小さく、という感じで、ライトさを求めます。エサをナチュラルに漂わせることによって、違和感が少なくなると思います

トレースコース

トレースコースは潮流の強弱を見ていきます。潮流が強い場所をトレースする場合はガン玉を重くする。潮流が弱い場合はガン玉を軽くする。潮流ごとにトレースコースが分かれるので、見極めが必要になります。

また、砂地や表層を狙うと外道のヒット率が上がるので、グレの潜む岩場のエリアを中心として狙うのもポイントです。

アワせるタイミング

アタリをアワせるタイミングは、エサごとに分けることができます。ゴカイを使用した場合はエサの長さがあり、即アワセだと早すぎます。ワンテンポ遅らせたアワセをします。

エビやカニの場合、ターゲットは一瞬で食べる食性があると思うので、アタリがあった瞬間にアワせるようにしています。

ボートフカセ実釣でグレ9匹

12月23日は2時間ほどのボートフカセ釣行でグレ9匹、クロダイ2匹、メッキ1匹の釣果でした!この日は強風で他船がおらず、夕マヅメを狙ったことが短時間で釣果を上げることができた要因だと思います。

【東海2021】『ボートフカセ釣り』で寒グレを攻略 まきエサは不要?12月23日の釣果(提供・WEBライター・杉浦永)

この時期の寒グレは脂が乗っていて、お刺し身やしゃぶしゃぶで絶品です!

【東海2021】『ボートフカセ釣り』で寒グレを攻略 まきエサは不要?絶品の刺し身(提供・WEBライター・杉浦永)

<杉浦永/TSURINEWS・WEBライター>

▼この釣り場について
衣浦港

新型コロナウイルス感染拡大に伴う緊急事態宣言は全国で解除されましたが、外出する際には各自治体の最新情報を確認するなど引き続き感染拡大防止に努めてください。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしています。