磯フカセ釣りでグレ連発 浅ダナからの沈ませ釣りが奏功【和歌山・萩尾】

磯フカセ釣りでグレ連発 浅ダナからの沈ませ釣りが奏功【和歌山・萩尾】

12月になって寒グレシーズン突入。実は、ほぼ1年ぶりの磯釣りでボーズは避けたいと選んだ釣り場は南紀の萩尾。さあ、全集中でグレゲットなるか。

和歌山県のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像提供:WEBライター・田中耕ニ)

田中耕二

釣って楽しく食べて美味しい魚を狙って東奔西走。たまに釣れる珍しいゲストも嬉しい。磯とオフショアフィールドから面白くて役に立つ情報をお届けします!

×閉じる

海釣り 磯釣り

萩尾の磯でグレ釣り

楽しみにしていた寒グレチャレンジだが、天気予報では北西の風が吹くとのこと。行先を悩んだ挙句、北西に強い和歌山・串本町の萩尾とした。道中に雨に見舞われ、嫌な感じも漂ったが、港に着く頃には上がり、太陽こそ見えないが曇天の釣り日和だ。

ただ、思ったほど風は吹かなかったようで、ウネリを伴った波が磯を打ち付け、使える磯が限られるとのこと。さらに港には多くの釣り人……。「狙いの磯には乗れそうもない」とノンビリすることを目的に変更した。一番船は名礁「イナヤ」方面へ。

2番船はこれまた名礁の「平瀬」方面。最後の「コーデ」方面の渡船に乗り込む。行きたい磯があることは分かるが、我先に降りたいがために舳先に群れるのは、安全上良くないので止めた方が良いと思うのだが……。磯釣りは危険を伴う遊びだ。当日のように波のある日は、磯付けが危険な瞬間。舳先に多くの人がいると船長の視線を遮るのももちろんだが、舵も効きにくくなるので止めよう。命あっての遊びだ。

黒島に渡礁

船長が船をコーデと大首の挟まれた黒島に付けた時、1人しか下りなかったので、お邪魔させてもらった。初渡礁の磯だが、一度降りてみたいと思っていた磯だ。先に下りた常連に聞くと、コーデ向きが本命ポイントで裏向きもできるとのこと。先に釣り座を選んでいただき、地寄りに鯖戸さんが、沖寄りに私が入った。

磯フカセ釣りでグレ連発 浅ダナからの沈ませ釣りが奏功【和歌山・萩尾】黒島からコーデを臨む方向(提供:WEBライター・田中耕ニ)

船で見た水温は22度以上。12月だが、まだまだ秋磯の温度ですがな……。私の釣り座には、右手に大きなサラシがあって仕掛けが安定するポイントがない。サラシに乗せると左の常連のポイントに侵入してしまう。

沖向きに潮が動けば、サラシとぶつかって良さそうだが、終日はっきりした潮は流れず悩まされた。

魚がいない?

それに追い打ちをかけるように魚がいない。通常、22度もあればエサ取りわんさかで、浅ダナ勝負と思うのだが、まきエサを打っても何も出てこない。まるで厳冬期の海のようだ。これも黒潮の蛇行の影響だろうか、私が知っている海でないことは確実だ。

戸惑いつつもサラシ場を攻めるために、オーソドックスにウキをゼクトBにハリスには磯フロロ1.75号、ハリは身軽グレ5号から開始。遊動部分を50cm取って、ハリスは2ヒロでスタート。

磯フカセ釣りでグレ連発 浅ダナからの沈ませ釣りが奏功【和歌山・萩尾】当日のタックル(作図:WEBライター・田中耕ニ)

久し振りの磯釣りで、偏光を忘れるという大失態を犯したが、海中には何もいないようで、どれだけ流してもさしエサのオキアミは残りっぱなし。どうしたものか?

釣友に強烈アオブダイ

「うひょ~」という声を聞いて振り向くと、鯖戸さんが竿を曲げている。強い引きに耐えていたが、残念ながら竿先は天を向いてしまった。次も鯖戸さん、満月のように竿を曲げてアオブダイをゲット。ここ萩尾では定番のゲストだ。

磯フカセ釣りでグレ連発 浅ダナからの沈ませ釣りが奏功【和歌山・萩尾】鯖戸さんが竿を曲げる(提供:WEBライター・田中耕ニ)

続いて2人の間の常連が小型の尾長グレをゲット。どちらも浅ダナだったと言うので、偏光を持たない私には見えないが魚はいるようだ。磯際で釣れたとのことなので、私も仕掛けを引き付けるように磯際を狙うと、マッハのウキ入れ。軽く手首を返すとギャンとリールが鳴いて、ラインが引き出される。「こりゃぁ青鬼だ」と思う間もなくラインブレイク……。こいつを仕留めるには、日論刀が必要だ(笑)。

口太グレはいずこに?

磯釣りにおいて偏向グラスは、最も重要なアイテムであることを実感。太陽も顔を出したので、なんも見えない。海からの情報がないので釣りようがない……とボヤいたら、鯖戸さんが予備の偏光グラスを貸してくれた。これでやっと釣りになる。

改めて海中を見ると、磯際深くに青や黄色の鬼……(笑)。沖にまきエサを打っても、浮き上がる魚は確認できず。本当に水温は22度もあるのか、信じられないほど、海に生命感がない。ウキ下2ヒロのままでまきエサと合わせると、スパッと乗ってきたのはコッパ尾長。これが連発するので、活性は低いものの、食う時は浮いてくるようだ。

良型尾長は期待できないので、どこかにいるであろう口太グレを狙うも、「小ナガ」連発。狙い方が違うのか……と悩みながら、28cmと31cmの小ナガをキープできた。小ナガはまきエサとさしエサを合わせた瞬間に、浅ダナで食ってきた。口太グレはいずこに?

磯フカセ釣りでグレ連発 浅ダナからの沈ませ釣りが奏功【和歌山・萩尾】30cm超の尾長グレをキャッチ(提供:WEBライター・田中耕ニ)

次のページでついに口太グレ登場!

新型コロナウイルス感染拡大に伴う緊急事態宣言は全国で解除されましたが、外出する際には各自治体の最新情報を確認するなど引き続き感染拡大防止に努めてください。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしています。