『メバリング』ステップアップ解説:見切りの早さに対処するには?

『メバリング』ステップアップ解説:見切りの早さに対処するには?

メバルは一回見たルアーを2度と食わない……と言われる。そこで今回は、メバリングにおいて、見切りの早いメバルを攻略する手順を紹介しよう。

(アイキャッチ画像提供:WEBライター・井上海生)

井上海生

フィールドは大阪近郊。ライトゲームメイン。華奢なアジングロッドで大物を獲ることにロマンを感じます。

×閉じる

ソルトルアー ショア

メバルは賢い魚

メバルは賢い魚で、一回見た疑似餌を二回目は食わないと言われる。しかしそれは逆にいえば「初見のものは何でも食う」とも考えられるし、実際、そのように手を替え品を替え、こちらのオプション次第で多段階的に釣れ続けることもある。

ライトゲームのターゲットとして、メバルは比較的簡単な魚である。しかし、その一面、警戒心が強いところもある。夜、表層に浮いていて、その大きな目を利かせて獲物を狙っている習性からして、まず人影や音にも敏感だし、実際によく見えるのだろうその目に入った疑似餌は、同じ個体の場合、一度食わないと2度目はほとんど絶対に食ってこない。

これはメバルを釣ったことのあるアングラーなら、本当によく分かる話のはずだ。1回目はアタったのに2回目以降、同じワームではアタらない。ワームをかえるとアタる。そして乗せバラシをすると、周囲の群れ全体にプレッシャーがかかる。

メバルは「一度見たものは2度と食わない」。学習する、賢い魚なのだ。ただ、その習性を逆手に取れば、こちらでいろいろとリグをかえ、同ポイントで多段階的に釣ることもできる。

『メバリング』ステップアップ解説:見切りの早さに対処するには?多段階的に数釣り(提供:WEBライター・井上海生)

プラグで反応確認

筆者の場合、おそらくその日まったく先行者がいない、スレていないようなポイントに入った時には、最初にプラグで反応を見ることにしている。というのも、プラグで釣れるとなんとなく嬉しいし、メバルの活性をサーチすることもできる。プラグのような目立つものに食ってくる場合は、活性が高いのだ。

ただし、反応がない場合は多投しない。コースをかえて2、3投する程度にする。特に波動が大きい動きをするルアーは、多く投げすぎると魚をスレさせてしまうので注意したい。

ワームのインチアップ

基本的にメバリングはワーム(ソフトルアー)使用が主流だ。なんといってもジグ単が強い。しかし、同ポイントで一度見たワームは2度と食ってこないので、筆者の場合、コースをかえて2投くらいしたら、そのワームはもうチェンジする。

その釣り方でも、だいたい3段階くらい釣れる。しかし、釣っていくうちに、どうしても周囲のメバルがワームを見切りだす。そうなると、ボリュームアップだ。それまで1.5inch級を使っていたのを、2inch級にする(逆にボリュームダウンする場合もあるが……)。メバルのレンジが入ったかな…と思った時には、少しジグヘッドも重くしたりして反応を探る。

『メバリング』ステップアップ解説:見切りの早さに対処するには?ワームのサイズ、形状をかえる(提供:WEBライター・井上海生)

その他、ワームの形状でいえば、テールの形状がまっすぐのピンテールワームから、尾がくるくると回るようなシャッドテールワームにかえると、反応がかわったりする。

メタルで目先をかえる

夜のメバリングにおいて、実は1g程度のマイクロメタルジグはポテンシャル大である。まったくワームで食わなかったメバルが、突然メタルで食いだすことがある。

『メバリング』ステップアップ解説:見切りの早さに対処するには?メタルにも反応するメバル(提供:WEBライター・井上海生)

マニュアル操作の一般的なメタルジグ、また小魚をイミテートしてブルブルと振動して泳いぐメタルバイブレーション、これらの1g程度のものを持っていくと、ワームで渋い状況を打開できることがある。有効な一つのオプションだ。メタルといっても底を取らず、表層をなぞるだけなので、ほぼロストする危険がないのも良い点である。

次のページで最後の一手を紹介

新型コロナウイルス感染拡大に伴う緊急事態宣言は全国で解除されましたが、外出する際には各自治体の最新情報を確認するなど引き続き感染拡大防止に努めてください。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしています。