船釣り釣行:旬のイサキで数釣りを楽しもう!【千葉県南房・勝丸】

梅雨時から初夏にかけて旬を迎えるイサキ外房や南房各地で今年も好釣果が上がっている。そこで5月27日(日)、南房洲の崎勝丸から出船。穏やかな好天の釣り日和に恵まれ、ほぼ全員が規定数の50尾に到達するという、「イサキは数を釣って楽しむもの」を、まさに地でいく大釣りを体験した。

TSURINEWS編集部 TSURINEWS編集部

船釣り エサ釣り

タナ30mで連発

片舷6人ずつの釣り客を乗せ、5時に鈴木兼冶船長の操船で出港。

航程5分ほどであっという間にポイント到着。

船長から「タナは28m、ビシの下穴は全閉、上穴は3分の1開けて」と指示がでて開始。

数を釣るには指示ダナを守るのが絶対条件。

リールのカウンターではなく、ミチイトのマーキングで確実に合わせるのが基本だ。

今回のタックル図。

最初のポイントはアタリなくすぐ小移動。

今度の指示は30m。

ここで早くも入れ食いタイムが到来。

指示ダナより3m下ろしたビシをシャクり上げてくると、30mピッタリでアタる。

シャクった直後にガツンときたり、少し間を取っているとググッときたり。

待っていればダブル、トリプルとまさに絶好調の食いっぷり。

船中偏りなくアタリがあるようで、空振りはほとんどない。

25cm級主体だが、時々30cmオーバーが顔を見せるので油断は禁物。

右舷トモ寄りに陣取る4人組の一人・雪入義明さん(台東区)は、釣り歴50年のベテランで、昔は富山までマダイを釣りに行ったという。

最近は久里浜のアジによく行くらしいが、イサキなど、とにかくたくさん釣れる魚が好きらしい。

仲間の宮内廣さん(荒川区)も同様で、前週は片貝でハナダイの大型をかなり釣ったという。

左舷トモの河野誠さん(荒川区)は、同宿が仕立でマダイをよく狙っていたころからの付き合い。

2年ぶりの釣行らしいが、夏はアユ専門になるので、それまではイサキ。

小気味いい引きで数釣れるのがたまらないと言う。

ダブルゲットして満面の笑顔。

左トモ3番の安西興盛さん(南房総市)は船長の友達ということで、釣りは同宿専門。

深場から浅場まで、季節に応じた狙い物にチャレンジしているらしい。

同トモ2番の松浦修二さんは安西さんと同行。

やはり地元ということで年中通うとあってなかなかの腕前。

足元のオケを見る見る黒くしていった。

船宿支給のエサはバイオベイト。

ウマヅラが多いとたちまち餌食になるところだが、洲の崎沖のイサキの魚影の濃さは半端ではないらしく、ウマヅラはほとんどこない。

ほかにメジナタカベマダイウメイロなどがアタることも。

この日もイサキが半分食われて上がってきて、大型のハタなどもいそうな感じだ。

全員がほぼ規定数でフィニッシュ

右舷ミヨシの川島茂さんは船長と親しく、仲乗りも兼ねて乗船。

コマセの補給やオマツリ解きに活躍。

その合間を縫って竿をだして良型連発。

オキアミを下バリに付けていると、大型が食ってくるらしく、中型主体のなかで、ひと際目立って良型を上げていた。

釣り人も船長も大満足の一日だった。

鈴木船長は船上アナウンスなどやさしくソフトで、人当たりがよく、親友が多く乗船しに来るようだ。

下船後に冷たいおしぼりを出すなど、ちょっとした心使いも好かれる要因だろう。

船長いわく、「今年一番」という日並みに恵まれ、全員順調に数を稼ぎ、スソでも43尾。

ほぼ全員が規定数に到達。

早々に竿をしまう人や、血抜きをしっかりするなど、余裕の人が多く、船長も釣り人も大満足の一日となった。

そろそろ抱卵を始めたイサキは、これから8月半ばまでが釣期。

洲埼灯台を間近に見る絶好のロケーションの下、小気味よく、ときに豪快な引きを楽しんでいただきたい。

<レポーター・坂本康年/TSURINEWS編>

▼この船について
勝丸
エリア:南房エリア
出船港:洲崎港

この記事は『週刊つりニュース関東版』2018年6月8日号に掲載された記事を再編集したものになります。