ムギ&スルメイカ船釣り攻略!直結&ブランコ仕掛け【イラスト付き解説】

これからの人気ターゲット、ムギ・スルメイカ。東京湾では、浦安や金沢八景、相模湾では長井や茅ヶ崎から出船している。

TSURINEWS編集部 TSURINEWS編集部

船釣り イカ釣り

釣り方

沖干しにしても美味しい。

ブランコ、直結により違いはあるが、投入は素早く行うこと。

イカは、最初に目にしたツノに反応する傾向があり、投入は細心の注意を払い、遅れないように。

【ブランコ仕掛け】

投入器にツノを入れて、合図と同時にオモリを投げ入れる。

オモリが着水したら竿を小脇に抱えて、竿先が海面近くになるまで下げ、手持ちでミチイトがスムーズに出やすくなるように心がける。

ムギ・スルメの場合、タナは上限と下限を指示されることが多い。

まずは、下限まで落とし、そこから誘い上げる。

誘い方は、竿先を海面近くから一気に水平か頭上までシャクる。

または、数回に分けて段を付けながらシャクる方法がある。

いずれも強めにシャクり、その後、必ずポーズ(静止)を入れるのが基本。

その間に乗りがなければ、再び下限から同じ動作を繰り返す。

このとき、単に落とし込むのではなく、リールをサミングして所どころでポーズを取って落とし込むと、これが誘いになって乗ることがある。

乗った感触は強弱の違いはあるが、いずれのタイミングでも明確に伝わる場合が多い。

すかさず追い乗りを狙ってから巻き上げよう。

電動リールのスピードは中速にして、竿は水平以上の角度をキープ。

バラシの原因になるため、ポンピングはしない。

取り込みは電動リールが止まる直前にロッドキーパーにかけて、竿を立てて、停止と同時にミチイトを引き寄せて仕掛けを回収。

空のプラヅノはそのまま海面へ落とし込んでいく方法もあるが、通常は投入器やマットなどに取り付ける。

注意したいのは、回収時に仕掛けを緩めないこと。

これがバラシの原因になる。

【直結】

指示ダナへ落とし込むまではブランコ仕掛けと同じ。

誘いは電動リールで巻き上げながら、リズミカルに、または、心持ち強めにシャクっていく。

速度は中速より若干スローで、シャクリを繰り返すなかで仕掛けがたわむような演出をすることが大切。

その動きによりツノが躍るようにアピールできればイカは興味を示すはず。

仕掛けがシンプルな分、トラブルが少なく、ツノの数を増やしてトライできるが、仕掛けに遊びがないためバラシが多い。

どちらかといえば、ベテラン向き。

多点掛けした際のダイナミックな手応えはこの釣りのだいご味だ。

タックル

【竿】

マルイカ専用ロッドが各メーカーから発売されているが、ムギイカ専用はない。

マルイカ用で対応するか、オモリ負荷30~50号程度、8対2の先調子タイプを使用。

長さは2m以下が扱いやすい。

【リール】

小型電動リールまたは中~小型両軸リール。

ミチイトはPEライン2~3号。

流行のライトタックル(LT)で軽いオモリを使用して狙う場合、PEラインは1号前後。

【ツノ】

ムギイカ専門なら11cmプラヅノの直結またはブランコ仕掛け。

入門者は市販の仕掛けがお勧め。

ベテランほどツノ数は多くなるが、初めは5~7本がトラブルが少ない。

オモリは60号基本に状況で50~120号を用意。

LTなら30~60号程度を持参しよう。

スルメサイズならプラヅノは14cmがメーンになる。

過渡期なので、水深が変わりやすく、オモリの号数は事前に船宿に確認しておこう。

<週刊つりニュース関東版 編集部/TSURINEWS編>

この記事は『週刊つりニュース関東版』2018年5月18日号に掲載された記事を再編集したものになります。