夜アナゴ釣行:波止から自作の仕掛けで狙う!【三重県・四日市市】

ゴールデンウイークに入ると、暖かくなってくると、気になるのがアナゴ。晩秋の新子とは違い、食べごろサイズがそろうのが魅力だ。まだ夜になると肌寒い日も多く少し早いかとも思ったが、5月1日の夜に三重県四日市の霞ケ浦ふ頭まで出かけてみた。

TSURINEWS編集部 TSURINEWS編集部

海釣り 堤防釣り

まずは足元で1本目

現地に到着したのは午後8時前。

4月に開通したいなばポートラインのおかげでアクセスも快適だ。

風は強かったが、車を風除けにして釣り座を構えた。

仕掛けは自作の両テンビン。

足元狙いは5号、チョイ投げは10号のオモリをセットする。

自作のテンビン、ハリスは1cm。

昨年までハリスは5cmにしていたが、昨秋、新子アナゴの巻き付き防止策として1cmにしたところ結果は上々。

食いにも大きな差は見られなかったので、今年は全て1cmにした。

イカの短冊をエサに仕掛けを投入するが、開始からしばらくは無反応。

10分ほどしてようやく足元狙いのサオに小さなアタリが出た。

サオを手に取り、サオ先が絞り込まれるタイミングでアワセを入れるとヒット。

今シーズンの初モノは35cm級のレギュラーサイズだ。

早速バケツに水をくみ、アナゴを泳がせて再投入。

すぐにアタリが出るかと思ったが、ここから再び沈黙となった。

ポツリポツリとアタリ

参考タックル図。

そこでルアーロッドを取り出し、カサゴを狙いながらアタリを待つ。

数匹のカサゴをキャッチしたところで、ふと見るとチョイ投げのサオ先が揺れているではないか。

波のせいかとも思ったが念のため回収すると見事にエサがない。

再投入し、しばらく待つと同様のアタリ。

今度はサオを手に取って状況を確認し、タイミングを見計らってアワセを入れた。

上がってきたのは40cmを少し切るくらいの本命。

大物とまではいかないが、太さもあっておいしそうなアナゴだ。

しかしアタリは続かずまたもや沈黙。

やはり、まだ少し早いのだろうか。

しばらく待って反応がなければ帰ろうと思っていると、微妙なタイミングでまたアタリ。

しかも、それが続かない。

盛期ともなれば時合いは明確で、どちらかといえば短期集中型のターゲット。

この状況を見る限り、まだ盛期というには少し早いようだ。

とはいえ反応がない訳でもないので、少し粘ってみた。

すると忘れたころにまた単発のアタリ。

アナゴらしからぬハッキリしないアタリだが、これで3匹目。

この日はこんなアタリが多かったが、仕掛けを回収するとハリスがねじれていることも多く、アタリの主がアナゴなのは間違いなさそうだ。

そんな訳で午後10時まで粘ってみた結果は35~40cm級のレギュラーサイズが5匹。

この日は足元、チョイ投げ1本ずつのサオ出しだったが、それぞれの釣果は2匹と3匹で、アタリはどちらも満遍なく出た。

食べごろサイズが5匹そろった。

2時間の釣果と考えれば微妙だが、時期尚早であることを思えば十分に期待の持てる数字だろう。

伊勢湾奥のアナゴは梅雨明けまでが最盛期となる。

この時期は食べごろサイズがそろうため、釣った後の楽しみもまた格別だ。

釣趣と食味を兼ね備えた魅惑のターゲット。

夕涼みも兼ねて狙ってみてはいかがだろうか。

<週刊つりニュース中部版 APC・浅井達志/TSURINEWS編>

▼アクセス
国道23号を四日市方面へ。
この記事は『週刊つりニュース中部版』2018年5月18日号に掲載された記事を再編集したものになります。