ナイトシーバス&ライトゲーム 70cmシーバスに22cmアジ手中【福岡】

ナイトシーバス&ライトゲーム 70cmシーバスに22cmアジ手中【福岡】

11月12日、夜の波止でナイトゲーム。まずはミノーでシーバスゲーム、続いてライトゲームでメバル・アジを相手に夜更かし釣行を楽しんだ。

福岡県のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像提供:週刊つりニュース西部版 APC・鈴木泰也)

TSURINEWS編集部

ソルトルアー ショア

西戸崎でシーバスゲーム

まずシーバス狙いで福岡県東区の西戸崎へ、午後8時に向かう。満潮なので下げ始めを狙い、シーバスが付いているであろう馬の背ポイント。しばらく潮の流れを見ると、静かな海である。

ナイトシーバス&ライトゲーム 70cmシーバスに22cmアジ手中【福岡】タックル図(作図:週刊つりニュース西部版 APC・鈴木泰也)

それでも何らかの反応を期待して10cmミノーをキャスト。魚がいればヒット率の高い実績あるミノーだが、反応なし。数投で次はシンペン(シンキングペンシル)にチェンジ。遠投して、じっくりとリトリーブすると、コンッとショートバイト。やはりいる。

70cm級頭にシーバス4尾

次はコースを変えてみると、沖でバシャと水面に食い上げる!バシャバシャとエラ洗いをして、フックを外そうとするシーバス。50cm前後は元気に暴れるのでフックオフしやすい。ロッドティップを下げてやり取りし、無事ランディング。

シンペンを横向きにくわえて、がっちりフッキングしていた。秋の夜は過ごしやすく、絶好の時期である。その後、同サイズを2尾追加したところで場所移動。

サイズ狙いで東に行き、大岳のサーフにウエーディングで入る。今度は12cmミノーで、狙いは70cmオーバー。しかし、下げ潮が利いているであろう時間だが、潮の流れが良くない。シンペンやワームをローテーションしたが、シーバスの気配なく終了。

ライトゲームでメバル&アジ

時刻は10時すぎだが、翌日は休みなので、夜更かしでルアーをとことん楽しむ。今度はライトタックルでアジやメバルを狙うため、朝に良い釣果をだしている志賀島の弘漁港へ移動。

常夜灯が1本あり、釣り人もなし。海面はずいぶん下がっていたが、ライトゲームは問題ない。プランクトンが集まり、生命感がある。ジグヘッドを通すと、ブルブルとアタリ!12cmほどのかわいいサイズのメバル。今年もいい好敵手と遊んでもらい、楽しい。今度はググッと引き込む20cmクラスと、サイズアップ。

ナイトシーバス&ライトゲーム 70cmシーバスに22cmアジ手中【福岡】メバル22cmに同型アジも出た(提供:週刊つりニュース西部版 APC・鈴木泰也)

アジはいないものかとフォールで誘うと、引きが違うヒット。正体は22cmのアジ。やっぱりいた。しかし、朝マヅメほど釣れず、サイズも伸びないため、いつも釣っているポイントに移動したが、移動の甲斐なく何の反応もなく、再び常夜灯へ戻ることにした。

ここでメバルが高活性に。22cmまでだが連続ヒットし、2尾のみキープ。時折、エラ洗いの激しいセイゴも数尾ヒットし、楽しませてくれる。豆アジクラスも交え、ライトゲームの3魚種が代わるがわる釣れるため帰れない時間が続く。結局、午前2時すぎまで楽しみ、帰途に就いた。

<週刊つりニュース西部版 APC・鈴木泰也/TSURINEWS編>

▼この釣り船について
西戸崎〜弘漁港
この記事は『週刊つりニュース西部版』2020年12月11日号に掲載された記事を再編集したものになります。

現在、一部都道府県に緊急事態宣言が発令中です。外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。