2daysボートジギングでメジロ連発 「Xデー」狙い撃ち快釣【明石沖】

2daysボートジギングでメジロ連発 「Xデー」狙い撃ち快釣【明石沖】

12月3日と5日の2日間、潮が強く流れる明石沖へ青物狙いのジギング釣行。「この潮ならば」と狙って出かけ、快調となった釣行の模様をレポートします。

兵庫県のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像提供:WEBライター・丸山明)

丸山明

ゴムボートから始めたボート釣りも25年を過ぎ、もうover60です。釣りを極めたいです。

×閉じる

ソルトルアー オフショア

明石沖でボートジギング

昨年一番悔しかった釣りは、11月15日に明石沖カンタマ付近のポイントでの青物狙いのジギングです。水深50mのボトム付近で食わしたものの、どうにも底を離れない大物に苦戦。やっとの思いで浮かしてきたけれど、4kt近くで流れるボートとともに30mへのカケアガリの途中で磯に引っ掛け、無念のラインブレイクとなりました。その後はハマチサイズでしたが、テンポよくアタリがあり、活性の高い日でした。これが、旧暦の10月19日、本年に当てはめると12月3日です。

この悔しさで、翌々日の11月17日に狙いましたが、この日もブリは不発ながら、メジロにハマチと活性の高い海でした。

2daysボートジギングでメジロ連発 「Xデー」狙い撃ち快釣【明石沖】明石沖で好調の青物(提供:WEBライター・丸山明)

過去データから釣行日を決定

「海で沖釣りに行けば、魚は至るところにたくさんいて、いつでも池のコイのようにエサを食べる。釣れないことが不思議だ」と、長年家族は思っていて、潮をなんとなく理解させるまでに随分かかりました。海釣りで釣果を握るのは「潮の具合」。

昨年の同日の旧暦を本年の新暦に変換すると、同じ潮の日は、12月3日と12月5日です。何が何でもリベンジしたい、いい潮の日です。今回わからないなりにわかったつもりで、1年越しの旧暦同日を狙ってみたところ、たまたま快釣の日が訪れました。

フォールで68cmメジロ

12月3日は、天気予報は朝から強風の予測が、昼から5m/sに好転したので、夜明け前の未だ暗い6時に明石沖へ出航。朝日のきれいなカンタマ付近は、風も弱く絶好の青物ジギング日和で、1年待った潮です。

2daysボートジギングでメジロ連発 「Xデー」狙い撃ち快釣【明石沖】ベイトがいるカケアガリを狙う(提供:WEBライター・丸山明)

7時釣り開始。水深60mから水深30mへのカケアガリを狙い、2~3ktと増速する潮に乗せてボートを流すこと3回目、ジグをからかうように触ってきますが、フッキングできず。再度、ボトムへ落とし1回目のジャークでゴツン!

フォールで触っていたのでしょう。メジロの強い引きです。ラインはPEライン2号にリーダーは10号のロッドで、ブリまで上げられます。ジグは、160gのシルバーのナチュラルカラー。セルフランディングの玉網には、68cmの太ったメジロでした。

強風で無念の早上がり

海の中は活性があるようで、ジグを触ったり持ち上げたりと賑やかで、次はレギュラーサイズのハマチ。こんな感じのテンポのいい反応がある時は、かなり期待が持てる日です。

と、にこやかな顔にいきなり南風。8時半、風が早まったようで、4~5m/sどころかとんでもない、7~8m/sはあるような強さです。潮と逆になる風なので、船位を保つにも容易でなく、潮の流れと風でボトムが取りにくく、当然ジグの動きもシャープでなくなります。また帰路は向かいの西風でしょうから、後ろ髪を引かれる思いながら早々の9時に退散沖上がりです。風波にはかないません。それでも、朝の僅かな時間でメジロにハマチ、アタリも多く活性の高い日を感じました。

2daysボートジギングでメジロ連発 「Xデー」狙い撃ち快釣【明石沖】3日の釣果はメジロとハマチ(提供:WEBライター・丸山明)

次のページで2日目の釣行の模様をレポート!

新型コロナウイルス感染拡大に伴う緊急事態宣言は全国で解除されましたが、外出する際には各自治体の最新情報を確認するなど引き続き感染拡大防止に努めてください。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしています。