アジングで良型入れ食い49尾 数釣りのコツも解説【千葉・大沢漁港】

アジングで良型入れ食い49尾 数釣りのコツも解説【千葉・大沢漁港】

「アジの小気味いい引き味を堪能しよう」と、地元・外房の漁港にアジング釣行。尺アジも上がったアジングの魅力と釣り方を紹介する。

千葉県のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像提供:週刊つりニュース関東版千葉・渡邉長士)

TSURINEWS編集部

ソルトルアー ショア

アジングの魅力

全国的に、ますます盛り上がりをみせている「アジング」。使うタックルがシンプルかつライトなので、最近では、ソルトルアーフィッシングのエントリーとしても人気で、身近な堤防で手軽に楽しめる。

一方で、テクニックやルアー選びなどで釣果に差がでる奥深さもあり、入門者から上級者まで幅広い層が楽しめる。

大沢漁港でアジング

今年の外房は、群れの寄りが悪く、釣果が低迷していたが、11月に入ったころから一部漁港に群れが入ってくるようになった。勝浦市にある大沢漁港にも前日に大きな群れが入ったとの情報。

アジングで良型入れ食い49尾 数釣りのコツも解説【千葉・大沢漁港】大沢漁港の様子(提供:週刊つりニュース関東版千葉・渡邉長士)

大沢漁港は左右に細長く、周囲は浅い岩礁帯に囲まれ、船道は水深6~7mほどある。左側の堤防先端と右側の堤防付け根に立ち入り禁止と書かれているものの、現在は規制が解除され全面で釣りが可能。

アジングで良型入れ食い49尾 数釣りのコツも解説【千葉・大沢漁港】今は解放されている堤防(提供:週刊つりニュース関東版千葉・渡邉長士)

朝夕のマヅメ時には船道周辺での実績が高く、夜間は魚市場の右側の突堤とスロープ全体に常夜灯の明かりが灯るので、この周辺がポイントとなる。

アジングで良型入れ食い49尾 数釣りのコツも解説【千葉・大沢漁港】狭いところもあるので注意(提供:週刊つりニュース関東版千葉・渡邉長士)

11月中旬、前日の好釣果で週末ということから、「人は多いだろう」と予想し、まだ薄暗い5時半ごろ、釣友の高梨さんと右側の堤防へ向かう。

堤防の外側は海面まで3mほど、港内側は1.5mくらいと内側が一段低くなっている。先行者は予想に反して先端の内側にサビキ釣りの1人だけだったので、先端外側に釣り座をとった。

アジングタックル

タックルは6.5のアジングロッドに2000番のスピニングリール。ラインはPEライン0.15号にフロロカーボンライン3lbをリーダーとして30cmほど結束。

リグはジグヘッド単体の「ジグ単」。普段は主に1gほどが基準となるが、状況に合わせて0.5~3gを使い分ける。ここでは足場がやや高く、風が多少吹いていたので2gをセット。ソフトルアーは2inchのピンテール系をセットした。

アジングで良型入れ食い49尾 数釣りのコツも解説【千葉・大沢漁港】アジングタックル(作図:週刊つりニュース関東版千葉・渡邉長士)

釣り方の基本

キャストしたら狙うレンジまで沈め、シェイクしながら少し巻き、その後ラインを張りながら沈めるカーブフォールでアタリを待つ。アタリを感じたら即アワセ。ヒットしたら口切れさせないように丁寧にやりとりする。

ナイトゲームや活性が高いときはシェイクしながらリトリーブ、逆にスレていたり、デイゲームでは少し鋭くアクションさせて反射食いさせたりと、さまざまなアクションを試してみるのも重要。

時合いに本命入れ食い

先行者の話では、やはりきのうから群れが入ったようで、5時半にアタリが出始めたらしい。ちょうど釣りを開始する時刻なので期待が膨らむ。

船道方向へキャストし、表層からボトム周辺まで探るが反応はなく、先行者も「きのうはよかったがきょうはダメかな?」と不安気。

しかし、5時50分に状況が急転。船道へキャストし、そのままカーブフォールさせるだけでゴンゴンとアタリがくる。明らかに群れが入ってきた。

ロッドに重みが掛かったとき軽くアワセをいれてフッキングさせると、特有の鋭く小気味いい引きが伝わる。上がってきたのは20cmほどの本命。ここから、まさに入れ食い状態。キャストするたびに何度もアタリがあり、1キャスト1ヒットが続く。なかでも高梨さんがヒットさせた1尾目は、ふた回りほど大きいサイズ。

アジングで良型入れ食い49尾 数釣りのコツも解説【千葉・大沢漁港】高梨さんに良型(提供:週刊つりニュース関東版千葉・渡邉長士)

次のページで「数釣りのコツ」を紹介!

現在、一部都道府県に緊急事態宣言が発令中です。外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。