ワカサギ釣りの「仕掛け」ローテーション術 メーカースタッフが解説

ワカサギ釣りの「仕掛け」ローテーション術 メーカースタッフが解説

ワカサギの数釣りのためには魚群を見つけ、タナを突き止め、魚の活性に合った仕掛けを使い分ける必要がある。今回、愛知県の入鹿池で株式会社オーナーばり今永さんの戦術を紹介したい。

愛知県のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像提供:週刊つりニュース中部版編集部)

TSURINEWS編集部

淡水の釣り ワカサギ釣り

入鹿池でワカサギ釣り

現地を訪れたのは12月9日。同池にあるレンタルボート店「入鹿亭」のボートを借り、午前7時前に池へと漕ぎ出した。

ワカサギ釣りの「仕掛け」ローテーション術 メーカースタッフが解説入鹿池の風景(提供:週刊つりニュース中部版編集部)

まずはワカサギの群れを探索。今永さんは直近の実績ポイントに向かう道中も、魚探でくまなく池の中をチェック。ボートワカサギの愛好者で、魚群探知機を所有している人も多いと思うが、「気軽に楽しみたい」という人で、これを持っている人は少ないと思う。

ワカサギ釣りの「仕掛け」ローテーション術 メーカースタッフが解説ボートが集っているエリア(提供:週刊つりニュース中部版編集部)

その場合は、先行者のボートが集っている場所を探そう。複数のボートが定位しているのは、釣れているか、手応えがあるからだ。もちろん100%ではないが、あてもなく湖上をさまようより期待が持てる。

「時短ワカサギ7本」でスタート

さて、ワカサギの群れを発見した今永さん。さっそくオーナーばりの「時短ワカサギ7本」仕掛けにベニサシを半分に切って刺し投入した。

12月上旬の時点で、同池で釣れているワカサギは8~10cmの2年魚ばかり。サイズが大きいため、仕掛けのハリは1.5号、オモリは8号を選択。水深に対し、重めのオモリを選んだ理由は、ワカサギが大きい場合、オモリが軽いと魚が暴れたときに仕掛けが絡みやすくなるからだ。

ベニサシの使い方

仕掛けのセッティングを終え、続いてエサのベニサシをハリに刺していく。ベニサシを切ってハリに刺すときは、2本のエダスのハリを、ベニサシの頭とお尻にそれぞれ刺し、胴体の真ん中を、ハサミでちょん切る。これでエサの大きさも適切になる。

ワカサギ釣りの「仕掛け」ローテーション術 メーカースタッフが解説真ん中で切ればOK(提供:週刊つりニュース中部版編集部)

早々に良型がダブルで登場

魚探の反応、事前の情報でも、ワカサギのタナはベタ底と把握していたので、今永さんは仕掛けの着底後、わずかにオモリを底から離し、底層を狙う。

ワカサギ釣りの「仕掛け」ローテーション術 メーカースタッフが解説いきなりダブルでゲット(提供:週刊つりニュース中部版編集部)

すぐに明確なアタリがきて、開口一番からワカサギがダブルで上がった。その後も良いサイズのワカサギがポツポツと釣れ続け、イケスのバケツは見る見るうちにワカサギだらけに。

ワカサギ釣りの「仕掛け」ローテーション術 メーカースタッフが解説下バリにヒット(提供:週刊つりニュース中部版編集部)

積極的な誘いで食い気を誘発

今永さんは積極的に誘いを入れ、次々とキャッチしていく。ワカサギ釣りの誘いは、手首を少し返す程度、サオを小刻みに上下させる動作をときどき入れては、しばらく静止する。

ワカサギ釣りの「仕掛け」ローテーション術 メーカースタッフが解説ワカサギ釣りの誘い(提供:週刊つりニュース中部版編集部)

また、前述のように小刻みに誘ったあと、肘を起こす程度にサオを上げ、スーッと落とす「誘い上げ&誘い下げ」も有効。ワカサギの食い気を刺激する以外に、ベニサシの体液が発する臭いを、小刻みな誘いでふり出し、大きな誘いで拡散させるのが狙いだ。

次のページで活性落ちた時の「奥の手」を紹介!

現在、一部都府県に緊急事態宣言もしくはまん延防止等重点措置が発令中です。外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。