年に1度の釣り具大掃除:波止ライトゲーム 傷の有無も同時チェックを

年に1度の釣り具大掃除:波止ライトゲーム 傷の有無も同時チェックを

手軽な釣りだけにシーズン中は釣行回数も増えるのがアジングやメバリングなどのライトゲームだ。今回はそんなゲーム用のアイテムのメンテナンス法を紹介。

(アイキャッチ画像提供:WEBライター・辻原伸弥)

辻原伸弥

×閉じる

ソルトルアー ショア

プラグ類

ジグヘッドと比較すると出番が少ないプラグ類。プラグケースを開けると、使用しようと考えていたプラグのフックが錆びていた…なんて経験者は決して少なくないはず。

使用していれば、ハリ先が甘くなると同時にフックが錆びていれば、魚がヒットした際に折れてしまうこともある。プラグのフックのチェックも大切なメンテ。

とは言え、ジグヘッド同様に最近のフックは化学研磨やフッ素加工が施され、研ぎ直しは難しく交換するのが好ましい。

年に1度の釣り具大掃除:波止ライトゲーム 傷の有無も同時チェックをプラグ類は思い切ってフック交換を(提供:WEBライター・辻原伸弥)

当然のことながら、新品のフックは刺さりも良く大切な魚とのヒットチャンスも逃さない。年に一度、この時期にまとめてプラグのフック交換してみるのはいかがだろうか?

<辻原伸弥/TSURINEWS・WEBライター>

現在、一部都道府県に緊急事態宣言が発令中です。外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。