海釣りで狙える「縁起が良い魚」4選 全国で愛される『年取り魚』

海釣りで狙える「縁起が良い魚」4選 全国で愛される『年取り魚』

年末年始の食卓に欠かせないのが「年取り魚」と呼ばれる縁起の良い魚たち。今回は全国各地で愛される「年取り魚」の中から、船からの釣りで狙えるターゲットたちを紹介します。

(アイキャッチ画像提供:週刊つりニュース関東版編集部)

TSURINEWS編集部

その他 サカナ研究所

「縁起が良い魚」の定番

皆さんは「めでたい魚」と聞くと何を想像されますか?きっと多くの方は「タイ」を思いつくのではないかと思います。

確かにタイは「めでたいのタイ」などと言われ、赤ちゃんのお食い初めや大相撲の優勝など、おめでたい席には欠かせない魚です。赤く輝く体色や武士のような気品ある顔つきなど、人々を喜ばせる要素に富んでいるのがタイという魚。

海釣りで狙える「縁起が良い魚」4選 全国で愛される『年取り魚』めでたく飾り付けられたタイ(提供:PhotoAC)

しかし、年末年始という一年で最もおめでたい時期において、タイは必ずしも一番重要な魚というわけではありません。今でこそおせち料理に焼いたタイがはいることは一般的ですが、かつてはそんなにメジャーではありませんでした。

その代わりに、年末年始は「それぞれの地域で最も珍重される魚を食べる」という文化がありました。つまりこの時期の「めでたい魚」は、各地域ごとに異なっているべきものなのだと言えます。

年取り魚とは

このような「それぞれの土地で年末年始に食べられる魚」を年取り魚と呼びます。かつて日本では、年齢を言うときは「数え年」で言うというのが一般的だったのですが、この場合、全員が正月になると1歳年を取ります。そのため「この魚を食べながらひとつ歳を取る」ので年取り魚と呼ばれるのです。

年取り魚には強い地域性があり、これを知ることは食文化の研究には欠かせないと言われます。全体としては大きく分けて「東日本がサケ、西日本はブリ」であることが多いと言われますが、地域によってはややマイナーな魚を年取り魚として珍重するところもあります。

【魚好きなら知っておきたい「年取り魚」の豆知識 西と東で違いアリ】を読む。

今回はこのような年取り魚を紹介したいのですが、せっかく「釣りニュース」というメディアなので「船釣りのターゲットとなる」ものをピックアップしてご紹介することにします。

狙ってみたい「年取り釣魚」4選

それでは、年取り魚の中から、「釣り人ならば狙ってみたいターゲット」をいくつかピックアップして紹介します!

出世魚「ブリ」

出世魚の代表格であるブリは、西日本の広い地域で年取り魚として珍重されています。大きく成長してブリと呼べる大きさ(80cm以上)になるとこってりと脂が乗り「寒ブリ」と呼ばれるようになります。

海釣りで狙える「縁起が良い魚」4選 全国で愛される『年取り魚』ブリ(提供:PhotoAC)

獰猛な魚食魚であるブリは小さいうちから釣りの人気ターゲットですが、「ブリサイズ」は船に乗って狙うのが一般的です。メタルジグという金属製のルアーを激しく上下に動かす「ジギング」や、生きたアジ・イワシなどの小魚を針にかけてぶりに食いつかせる「泳がせ釣り」が人気。10kgを超えるサイズになると引きは強烈、食味も抜群です。

海でも狙える「サケ」

一方、サケは対象的に、東日本の広い範囲で年取り魚とされています。「新巻鮭がないと年が越せない」という家庭もまだまだ多いのではないでしょうか。

海釣りで狙える「縁起が良い魚」4選 全国で愛される『年取り魚』シロザケ(提供:PhotoAC)

サケは産卵のために川に遡上しますが、それを釣ることは基本的には禁止されています。しかし北海道を中心に、海釣りの好対象魚となっています。ルアーを使った釣りや、魚の切り身で狙うエサ釣りが人気です。

中深海ファンお馴染み「マダラ」

全国的には「鍋物用の魚」あるいは「白子ポン酢の材料」として知られるマダラですが、青森県津軽地方では欠かせない年取り魚です。身から骨まで、生食から煮込みまで、様々な料理で食べられます。

海釣りで狙える「縁起が良い魚」4選 全国で愛される『年取り魚』マダラ(提供:PhotoAC)

釣りにおいては中深海釣りの好ターゲット。茨城県以北の太平洋側では非常に人気の高い釣り物で、白子がパンパンに詰まったオスが釣れれば寒さも忘れてしまいます。たっぷりの針に餌をたくさんつけ、一度に複数の釣果を狙っていくテクニカルな釣りです。

脂ノリ抜群の「ナメタガレイ」

標準和名はババガレイ。強い粘液に覆われた肉厚な体型が特徴で、一般的なカレイとはやや様相が異なります。

海釣りで狙える「縁起が良い魚」4選 全国で愛される『年取り魚』ナメタガレイ(提供:PhotoAC)

全国的な知名度はほぼない魚ですが、脂がよく乗り味も大変良く、岩手県の三陸地方では欠かせない年取り魚です。子持ちの煮付けや吸い物が珍重されています。

カレイの一種ではあるものの習性は根魚に近く、岩礁帯をピンポイントに狙えるボート釣りでの釣果が多いです。アイナメやソイなどの根魚とともに狙われますが、年末には専門の船も出ることも。

自分で釣った年取り魚を食べて迎える正月はまた乙なものです。興味のある人は是非挑戦してみてください。

<脇本 哲朗/サカナ研究所>

新型コロナウイルス感染拡大に伴う緊急事態宣言は全国で解除されましたが、外出する際には各自治体の最新情報を確認するなど引き続き感染拡大防止に努めてください。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしています。