メバリングステップアップ術:難敵「水潮・長潮・若潮」時の攻略法

メバリングステップアップ術:難敵「水潮・長潮・若潮」時の攻略法

メバルは少しでも潮が効いていれば比較的簡単に釣れる魚ではある。しかし難しい潮回りもある。潮周りや海況における悪い条件を打開する方法を考えてみる。

(アイキャッチ画像提供:WEBライター・井上海生)

井上海生

フィールドは大阪近郊。ライトゲームメイン。華奢なアジングロッドで大物を獲ることにロマンを感じます。

×閉じる

ソルトルアー ショア

潮止まり打開術

潮の上げ止まり、下げ止まりもレンジキープで釣ると良い。ただ、どちらの潮止まりもコースにタイトになりがちなので、波止際で釣るならより壁ギリギリを意識する。ストラクチャーを狙うなら、よりその対象スレスレを狙う。

また上げ止まりは、上げ潮が聞いている最中にメバルが捕食を済ませて、満腹であることが多い。そのため、ワームのシルエットを小さくすると、「まだ食えるかな」と思うのかバイトを出しやすい。

メバリングステップアップ術:難敵「水潮・長潮・若潮」時の攻略法上げどまり時は小型ワームで打開(提供:WEBライター・井上海生)

下げ止まりは回遊するメバルの群れが抜けている状態で、居付きが少しくらいしか残っていないので、なかなか釣りにくいが、焦らずにアタる水深を探りながらレンジキープで打開するしかない。

難しい潮で腕を磨く

メバルはわりと簡単にパターンを作って釣れてしまう魚だ。しかし、難しい潮もある。そういう時は、腕を磨くチャンスと考えて臨みたい。若潮、長潮の潮周りを避けないことで学習することもある。たまたま何も見ずに行くと難しい潮回りだったり…。そうした経験や反省から「潮を意識する」という学びを得ると、釣りそのものの上達に繋がると思う。

<井上海生/TSURINEWS・WEBライター>

現在、一部都府県に緊急事態宣言もしくはまん延防止等重点措置が発令中です。外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。