『メバリング』ステップアップ解説:大敵の強風に対応する方法とは?

『メバリング』ステップアップ解説:大敵の強風に対応する方法とは?

メバリングの大敵、強風。風が強く吹いていると、ライトライン、軽量リグを使う釣りはどうしても難しくなる。どのように強風に対応すべきか、考えてみよう。

全国のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像提供:WEBライター・井上海生)

井上海生

フィールドは大阪近郊。ライトゲームメイン。華奢なアジングロッドで大物を獲ることにロマンを感じます。

×閉じる

ソルトルアー ショア

消波ブロック帯は捨てる

強風時には、消波ブロックの釣りは捨てた方がいい。理由は単純で、危ないからだ。そして強風の中をテトラ横引きトレースは、なかなか難易度が高い。思うようなコースを通せないし、根掛かりロストも多くなる。メバルはテトラでしか釣れない魚ではない。強風でも何でも、漁港や波止のキワに付いている。強風時には、安全第一に足場のいい場所で釣ろう。

『メバリング』ステップアップ解説:大敵の強風に対応する方法とは?強風時は足場のいい漁港でメバリング(提供:WEBライター・井上海生)

<井上海生/TSURINEWS・WEBライター>

現在、一部都府県に緊急事態宣言もしくはまん延防止等重点措置が発令中です。外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。