メバリングにひと工夫:憧れの『ブルーバック』を釣る方法

メバリングにひと工夫:憧れの『ブルーバック』を釣る方法

メバルには回遊する個体がいる。水質のきれいな海域で回遊する個体は、体色が青みを帯びており、「ブルーバック」と言われる。メバリンガーの憧れの魚だ。

大阪府のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像提供:WEBライター・井上海生)

井上海生

フィールドは大阪近郊。ライトゲームメイン。華奢なアジングロッドで大物を獲ることにロマンを感じます。

×閉じる

ソルトルアー ショア

ブルーバックのメバルとは

ブルーバックとは回遊性が高いメバルの、体色が青みがかった個体を言う。ブルーバックメバルは密度の大小はあるが群れで行動するため、1匹釣れると、立て続けに2、3匹釣れることが多い。

ブルーバックの引き味は強烈だ。回遊性が高く、潮にもまれ、主にベイトフィッシュを食べて発達した筋肉質の個体なので、そのへんの尺級よりもガンガンと引く。特に沈み根エリアやテトラの横トレースなどで掛けるときには、掛けた瞬間の初速がすごいので、根に潜られないようにドラグはほぼフルロックで、サオも立て気味、時にはポンプアップするなど、必ずこちら有利の条件にして勝負したい。

食味もすばらしい。身に弾力があり、刺し身にしても、煮付けにしても抜群にうまい。

ブルーバックが出るポイント

湾奥波止では、ブルーバックは出にくい。筆者のメインフィールドである大阪南港では、ほとんどブルーバックを見ることはない。湾奥波止は海水温もある程度高く、居付きやすいのだろう。回遊しない上、海水もクリアではないので、どうしても体色は茶色っぽい。

ブルーバックが出やすい、やりやすいポイントとしては、外洋に面した漁港のミオ筋や、沖堤防の波止などだ。その他、足場注意のポイントとして、潮通しのいいテトラ帯や岩礁帯、しかもできるだけ水質がクリアなポイントが望ましい。

たとえば、大阪湾近郊でいえば、泉南だ。

メバリングにひと工夫:憧れの『ブルーバック』を釣る方法泉南のゴロタエリア(提供:WEBライター・井上海生)

ご覧のように水質がクリアで、ブルーバックでなくても体色がきれいな傾向にある。

メバリングにひと工夫:憧れの『ブルーバック』を釣る方法泉南のきれいなメバル(提供:WEBライター・井上海生)

マヅメ狙いがオススメ

ブルーバックは回遊性の高い個体で、すなわち回遊のタイミングに出る。それはいつか?潮の上げ下げ、そしてなんといってもマヅメだ。

潮の上げ下げは、潮見表を見て、上述のようなポイントを狙い打とう。デイはボトム、ナイトは表層がメバルのポイントになる。

そしてマヅメ。これは朝、夕、ともに出る。どちらが多いかといえば、それは、マヅメの時間が長く続く方だ。日の短い時間は朝の方がマヅメが長続きするので朝、日の長い時間は夕だ。つまり、初冬にかけては朝、春になってくると夕の方がいい。

メバリングにひと工夫:憧れの『ブルーバック』を釣る方法朝マヅメにブルーバック(提供:WEBライター・井上海生)

次のページではブルーバックの釣り方を紹介

現在、一部都府県に緊急事態宣言もしくはまん延防止等重点措置が発令中です。外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。