波止ライトゲームでセイゴなど4種目 ミノー&ワームで手中【富双緑地】

波止ライトゲームでセイゴなど4種目 ミノー&ワームで手中【富双緑地】

11月4日、三重県四日市市の富双緑地周辺でライトゲームを楽しんだ。セイゴ含む4種目の魚と出会えた釣行の模様をレポートしたい。

三重県のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像提供:週刊つりニュース中部版 APC・戸田英明)

TSURINEWS編集部

ソルトルアー ショア

富双緑地周辺でライトゲーム

11月4日、三重県四日市市の富双緑地周辺でライトゲーム。

現地着は午後7時すぎだった。当日のタックルはロッドがシマノ18ワールドシャウラ2701FF、リールがシマノツインパワーC3000、メインラインがよつあみスーパージグマンX8PE0.8号、リーダーがバリバスアバニエギングショックリーダーフロロ6lb、ルアーはバスデイシュガーミノー50Fソルトのチャートヘッドグローだ。

ミノーでセイゴキャッチ

満潮から下げへと動き始めのタイミングで、常夜灯の光でできた明暗部で小さなライズを確認。魚の活性は高いようだ。小型のミノーをライズが起こった先にキャストし、ミディアムスピードのタダ巻きで引いてくると、ライズが起こった周辺を抜けてきた辺りで手元に重みが乗った。

アワせると、重さはそれほどない。さほど大きくないが、まずはボウズ脱出のために丁寧にキャッチしたのは、セイゴクラスのシーバスだった。まずは1匹キャッチで安心。

サイズアップを狙うべく探るが反応がないので、少し深いレンジを狙う。ラッキークラフトのビーフリーズ65Sのアカハラパールホワイトに替え、先ほどより少し深いレンジを探っていると、ドスンと重たい衝撃が伝わったが、最初の首振りで痛恨のバラシとなってしまった。

ワームでタケノコメバル

その後は反応がなくなったので、狙いをロックフィッシュに切り替える。ジグヘッドリグに替え、ワームはエコギア熟成アクア活メバルミノー1.6inchの黄バチカラーに、ジグヘッドはデコイラウンドマジックSV‐52の2.5gの組み合わせにした。

ルアーを岸壁際に落とし、底まで沈めた後はリフト&フォールで探っていく。反応がなければ移動して探っていくと、着底後のワンアクションでコツコツとバイト。重みが乗るまで待ち、ラインを巻きながらアワセを入れると、小気味良い引きが伝わる。キャッチしたのは小型のタケノコメバルだった。小型でも狙い通りの1匹はうれしい。

波止ライトゲームでセイゴなど4種目 ミノー&ワームで手中【富双緑地】タケノコメバルキャッチ(提供:週刊つりニュース中部版 APC・戸田英明)

カサゴ&ハゼ手中

続けて狙うが反応がないので、沖のカケアガリを狙う。ルアーも左右にダートさせやすい三角形の形状のデコイデルタマジックSV‐51の2.5gにチェンジした。

沖にキャストし、着底後はロッドを立てティップを小刻みに揺らしてルアーを底付近でダートさせながら誘っていくと、一気に魚の重みが乗った。アワせると下に絞り込むような引き。キャッチしたのは18cmのカサゴだった。

続けて狙うと先ほどよりは軽い魚がヒット。キャッチしたのは、ウロハゼの良型15cm。

波止ライトゲームでセイゴなど4種目 ミノー&ワームで手中【富双緑地】良型のウロハゼ登場(提供:週刊つりニュース中部版 APC・戸田英明)

計4種目をゲット

その後は探るも反応がないので、広範囲を探る作戦にチェンジ。底付近をスローのタダ巻きで探り、15cmのカサゴと追加して反応がなくなった午後10時すぎにストップフィッシングとした。

今回はライトゲームで4種目をキャッチ。まだまだタイミングや狙い方次第では、多くの魚種を狙うことができると思うので、フィールドに出てまた狙ってみたい。楽しい世界が広がります!

<週刊つりニュース中部版 APC・戸田英明/TSURINEWS編>

▼この釣り場について
富双緑地周辺
この記事は『週刊つりニュース中部版』2020年11月20日号に掲載された記事を再編集したものになります。

新型コロナウイルス感染拡大に伴う緊急事態宣言は全国で解除されましたが、外出する際には各自治体の最新情報を確認するなど引き続き感染拡大防止に努めてください。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしています。