今さら聞けないメバリングの基本:『デイ(日中)』にメバルを釣る方法

今さら聞けないメバリングの基本:『デイ(日中)』にメバルを釣る方法

メバルは基本的に夜に狙う魚だが、日中に釣ることもできる。今回はそんなデイメバリングにおけるポイント選定や釣り方などを紹介しよう。

(アイキャッチ画像提供:WEBライター・井上海生)

井上海生

フィールドは大阪近郊。ライトゲームメイン。華奢なアジングロッドで大物を獲ることにロマンを感じます。

×閉じる

ソルトルアー ショア

ボトムの凹凸を探す

また筆者の経験上、デイメバルは、オープンウォーターのボトムで釣れることが多いように思う。オープンウォーターといっても、釣り人には海面の様子からは何もないように思える海が、底では凸凹の変化が入っているのだろう。そういう場所にはデイだけでなく、ナイトにもメバルが付いているので、そのポイントまでの距離とキャスト感を掴んでおこう。

今さら聞けないメバリングの基本:『デイ(日中)』にメバルを釣る方法日中にオープンウオーターの地形を探る(提供:WEBライター・井上海生)

初場所なら地形把握も

デイメバルは冒頭で述べた通り、ややハードモードではある。そもそも釣れにくいという難しさがあるし、フグやベラなどが高活性でワームをかじってしまう(ただこれは「エラストマー系」という魚の歯に強い素材のワームを使うことで対策できる)。しかし、釣れた時の喜びは大きいし、またデイメバルが出る場所は、よりイージーに釣れる夜のホットスポットでもある。

また、あまり狙う人はいないが、夜にオープンウォーターに投げてもメバルは出る。ボトムに変化のある場所はチャンスだ。そのためにも底がどうなっているか(もちろん際のストラクチャーなどを確認する意味でも)、地形把握のためにライン視認が良い初場所は特にデイで入る意味がある。

<井上海生/TSURINEWS・WEBライター>

新型コロナウイルス感染拡大に伴う緊急事態宣言は全国で解除されましたが、外出する際には各自治体の最新情報を確認するなど引き続き感染拡大防止に努めてください。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしています。