今さら聞けないメバリングのキホン:釣果に差が出る『キャスティング』

今さら聞けないメバリングのキホン:釣果に差が出る『キャスティング』

キャスティングでメバルを釣る際の注意点について紹介したい。キャスティングはメバリングの基本だが、誰もが一の手とする基本ゆえに、気を付けなければならない点がある。

(アイキャッチ画像提供:WEBライター・井上海生)

井上海生

フィールドは大阪近郊。ライトゲームメイン。華奢なアジングロッドで大物を獲ることにロマンを感じます。

×閉じる

ソルトルアー ショア

キャスト&着水音に注意

オープンウォーター、キワ。常夜灯下、真っ暗闇ポイント。そのようなメバリングの場の条件すべてで言えることだが、不用意に大きな音を立ててはいけない。キャスティングの風切り音も、基本的に表層についているメバルは明らかに感じていると思う。よって、まず優しくキャスティングする、という基本を忘れてはいけない。

着水音も要注意である。2g、3gといった重いジグヘッドは、そもそも夜のメバリングにおいてあまり出番がないが、1.5g級でも注意したい。静かな漁港でキャストして着水させてみれば分かるが、人間の耳にもはっきりと「ぽちょん」と聴こえる音は、メバルにはもっと大きく聴こえるはずだ。こういう音の蓄積が、場をだんだんとスレさせてしまう。

そこでどんな場所で投げるときにも、その海の条件で通用する最小限のジグヘッド重量で、なるべく静かに静かに落とす。「キャスティングは優しく」とともに、これも肝に銘じよう。

今さら聞けないメバリングのキホン:釣果に差が出る『キャスティング』優しくキャスト、優しくリーリング(提供:WEBライター・井上海生)

投げて狙うのは沖のみ

私見だが、メバルをキャスティングで狙うのは、オープンウォーターだけにした方がいいと思う。そしてオープンウォーターメバルは若干難易度が高いので、これからメバリングを始めようという方は、最初から前に投げるという選択を消した方がいい。

メバルは堤防や波止のキワに相当の数がつく。そして基本的に動かない(ただし、つくレンジは微妙にかわる)。マヅメ時に入ってきた回遊の群れも、アジと混泳する場合には、壁に張り付くことが多い。そのような状況で、前に投げるのはナンセンス、むしろ逆効果といえる。上述の通りキャスト音でスレるし、そのためよりキワにタイトに、そしてレンジにシビアになったメバルは釣りにくい。

「キワ」をテクトロで狙う

そこで、メバルは「キワをテクトロで釣る」。これを一の手としたい。テクトロについては別に詳述しているが、簡単にいえば、軽量リグを足元に落として、釣り人がそこから5m程度歩いて、釣るコースを作るというやり方だ。

同じキワを狙うのでも、キャスティングと違って、コースが確実にきれいに作れる。そしてタイトに打てる。

ただ、足音にだけは気をつけたい。なるべく静かに歩く。また漁港などにある金属的なものを、「カン」と蹴飛ばすことがないように。その音もメバルは確実に聞いている。

キャスティングが有効な場面

もちろんキャスティングが有効な場面も数多くある。まずはオープンウォーターの、「潮のヨレ」だ。潮がぶつかりあってよれている場所は、プランクトンが常に上下へ渦巻きながら滞留しているポイントで、表層から表中層ではプランクトンパターンのメバルが出やすい。

そのような潮のヨレは、軽量リグを表層に定位させる「レンジキープ釣法」で狙う。ただ潮流の中に軽量リグを定位させるのは至難の業で、ワームのシルエットを小さくしたり、ジグヘッドもタングステン製のものを使ったりするなど、工夫が必要ではある。

その他、常夜灯の光の範囲内の、表層、表中層を狙う場合も、キャスティングでいく。これにはアキュラシー(正確性)が必要となる。メバルは明暗の「暗」の部分で出やすい。そこで常夜灯の光の範囲の「切れ目」の暗を狙うことになるのだが、そこにリグを投入するのは難しい。練習して腕を磨くしかない。

今さら聞けないメバリングのキホン:釣果に差が出る『キャスティング』常夜灯の切れ目をキャスティングで狙ってメバル(提供:WEBライター・井上海生)

次のページで「遠く&正確に飛ばす投げ方」を紹介!

新型コロナウイルス感染拡大に伴う緊急事態宣言は全国で解除されましたが、外出する際には各自治体の最新情報を確認するなど引き続き感染拡大防止に努めてください。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしています。