上五島の秋ヒラマサが本格期へ突入 ジギングで入れ食いに【幸漁丸】

上五島の秋ヒラマサが本格期へ突入 ジギングで入れ食いに【幸漁丸】

10月25日、長崎県平戸市の早福港から出船の、幸漁丸にお世話になり、上五島周辺でジギング。6kg筆頭にヒラマサの入れ食いなど、船上の盛り上がりをレポートする。

長崎県のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像提供:週刊つりニュース西部版 APC・末永駿也)

TSURINEWS編集部

ソルトルアー オフショア

幸漁丸でジギングヒラマサ

長崎県平戸市の早福港の幸漁丸では、先日から10kgオーバーのヒラマサが何尾も上がっていて、本格的な秋のヒラマサシーズンに突入した。

最初のポイントは水深70mからのカケアガリ。バナナジグ240gのシルバーをチョイスしてシャクリ始めた。

今回から新しく導入した大型スピニングリール、アゾレス8000P。低コストのこのリールが、どこまで上五島のヒラマサに通用するかが楽しみで、今回がデビュー戦となった。

6人にヒラマサヒット!

最初のポイントではアタリはなく、次のポイントへ少し移動。水深は少し深くなり80m前後。すると、後ろの同船者にヒット。その次に胴の間の同船者にもヒット。後ろからヒットが続きドキドキしながらシャクる。

底から20回程度のところでジグが軽くなる前アタリが。そのままシャクっていると「ドンッ」とアタリがきた。フッキングを決めヒット。サイズ的にはそんなに大きくないが、朝のうちに1尾釣れてホッとした。アゾレスも何の問題もなくゴリ巻きできて感触は良い。上がってきたのは4kgくらいのヒラマサ。一気に6人がヒットして船上は朝から賑やかな雰囲気。

上五島の秋ヒラマサが本格期へ突入 ジギングで入れ食いに【幸漁丸】同船者とダブルで(提供:週刊つりニュース西部版 APC・末永駿也)

6kg級筆頭に連発!

同じポイントへ、もう一度船を着けなおす。今度は底から10回くらいでジグが軽くなる。魚が追ってきている。この時、ジグは止めないでシャクり続けたが、ヒットする可能性は高い。シャクり続けるとやはりアタってきてフッキング。2流し連続でのヒット。上がってきたのは同じサイズほどのヒラマサ。

船上では、ちょっとした入れ食いモードにタモ入れが追いつかない状態。サイズは最大6kgくらいだったが、朝イチから盛り上がった。同船者も盛り上がっていて、かなり楽しそうだった。だが長く続かないのが釣りあるあるだ。

上五島の秋ヒラマサが本格期へ突入 ジギングで入れ食いに【幸漁丸】元気なヒラマサをゲットした筆者(提供:週刊つりニュース西部版 APC・末永駿也)

深場のヒラマサ攻略法

日が昇るにつれ、アタリが遠のいていく。水深90mの深場へ移動しジグを落とす。反応は魚探を真っ赤にするほどビッシリだが、なかなかヒラマサが口を使ってくれない。朝のうちは早めのテンポのショートピッチでアタリがあった。

アプローチを変え、少しゆっくりめのシャクりで探ってみる。ジグの飛ぶ幅はあまり変わらないイメージだが、立ち上がりをゆっくりにした感じ。するとすぐに答えが出た。10回シャクったくらいでアタリがあり、すかさずフッキング。少し渋い時間が続いていたため、サイズは小さいがうれしい1尾だった。

私の釣果はこの1尾を最後に、この日は終了となった。秋から冬にかけヒラマサシーズンはまだこれから大型がヒットしやすくなる。キャスティングにも期待できる。

上五島の秋ヒラマサが本格期へ突入 ジギングで入れ食いに【幸漁丸】高活性な秋マサシーズン本番(提供:週刊つりニュース西部版 APC・末永駿也)

<週刊つりニュース西部版 APC・末永駿也/TSURINEWS編>

▼この釣り船について
幸漁丸
出船場所:早福港
この記事は『週刊つりニュース西部版』2020年11月13日号に掲載された記事を再編集したものになります。

新型コロナウイルス感染拡大に伴う緊急事態宣言は全国で解除されましたが、外出する際には各自治体の最新情報を確認するなど引き続き感染拡大防止に努めてください。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしています。