沖の『カワハギ』釣りで同行者全員「ツ抜け」達成【愛知・まとばや丸】

沖の『カワハギ』釣りで同行者全員「ツ抜け」達成【愛知・まとばや丸】

カワハギ釣り仲間の中根さんに誘われて、10月18日は肝パンのカワハギを狙って、愛知県・南知多町師崎港のまとばや丸所属の武丸に乗船した。

愛知県のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像提供:週刊つりニュース中部版 APC・山本嘉弘)

TSURINEWS編集部

船釣り エサ釣り

メンバー全員ツ抜け達成

結局、残りの1時間では2匹追加しただけで、この日の釣果はカワハギ14~22cmが17匹、カサゴは16~19cmが8匹。他のメンバーは宇佐美さんが19匹で船中トップ。植木さんが15匹、中根さんが13匹で、メンバー全員がツ抜けして良かった。

沖の『カワハギ』釣りで同行者全員「ツ抜け」達成【愛知・まとばや丸】2ケタ釣果で満足(提供:週刊つりニュース中部版 APC・山本嘉弘)

この日はなかなかカワハギが口を使ってくれずに厳しかったが、活性のいい日には30匹以上釣れているので、今後に期待して、もう一度釣行しようと思っている。ちなみに、今は肝がパンパンに入っているので、肝を使ったレシピで堪能するのも釣り人の特権。皆さんも釣行してみてはいかがだろう。

<週刊つりニュース中部版 APC・山本嘉弘/TSURINEWS編>

▼この釣り船について
まとばや丸
出船場所:師崎港
この記事は『週刊つりニュース中部版』2020年11月6日号に掲載された記事を再編集したものになります。

新型コロナウイルス感染拡大に伴う緊急事態宣言は全国で解除されましたが、外出する際には各自治体の最新情報を確認するなど引き続き感染拡大防止に努めてください。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしています。