ラン&ガンでメッキ連発 水面爆ぜるトップゲーム満喫【三重・南伊勢】

ラン&ガンでメッキ連発 水面爆ぜるトップゲーム満喫【三重・南伊勢】

10月14日、三重県・南伊勢方面へメッキ狙いで釣行した。当日は水温が安定していそうなエリアや上げ潮のタイミングなど、小場所をラン&ガンして好釣果を得ることができた。

三重県のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像提供:週刊つりニュース中部版 APC・大宮好騎)

TSURINEWS編集部

ソルトルアー ショア

南伊勢でメッキゲーム

10月14日、三重県・南伊勢方面へメッキ狙いで釣行。古和浦周辺のポイント到着は午前11時30分ごろ。ちょうど干潮ということもあり、干上がった岸際のシャロー帯を自作のトッププラグで探っていく。

漁港付近にさしかかる所で水面さく裂。小型ながらも珍しいニセクロホシフエダイがファーストフィッシュだった。これに気を良くして、河川のスリット周りに移動すると、本命のメッキ(ギンガメアジ)が連続でヒットする。

昨年と違い群れの数自体は少ないものの、スピーディーな水面での攻防は病みつきになる。

ラン&ガンでメッキ連発 水面爆ぜるトップゲーム満喫【三重・南伊勢】当日のタックル(作図:週刊つりニュース中部版 APC・大宮好騎)

河口の上げ潮狙いが的中

お昼を過ぎたところで、次は神前浦周辺の河口周りにポイント移動する。

上げ潮に乗って河川に差してくるであろう群れを狙うことにすると、これが見事に的中。1投目に水面をさく裂させたコトヒキを皮切りに、ルアー後方にものすごい引き波がついてくる理想的な展開になった。

ついつい群れの中で掛けてしまいがちだが、群れのテンションを下げないためにも高速アクションの攻めを続けて、メッキの数を伸ばしていく。サイズは15~20cmちょっとまでながらも、オニヒラアジの幼魚も交じりひたすら水面がさく裂するので、ついついアツくなってしまう。

ラン&ガンでメッキ連発 水面爆ぜるトップゲーム満喫【三重・南伊勢】メッキのほとんどがギンガメアジ(提供:週刊つりニュース中部版 APC・大宮好騎)

大型ポッパーで連続バイト

途中追いが弱くなるタイミングでやや大型のポッパーを遠投すると、新たな群れが入ってきたのか、元からいた群れのテンションが再び上がったのかは定かではないものの宴が再開。今シーズンのメッキ不調説がウソのように、次々とメッキがバイトしてくる。

上げ潮の河川内にウエーディングしていたので、水位の上昇で午後2時ごろまでしか釣りができなかったが、30匹以上のヒットで非常に充実したゲームを楽しめた。

ラン&ガンでメッキ連発 水面爆ぜるトップゲーム満喫【三重・南伊勢】不調のうわさを吹き飛ばすほどの連発(提供:週刊つりニュース中部版 APC・大宮好騎)

トッププラグに好反応

これに満足して、夕マヅメは新規開拓も含めて紀伊長島方面へ移動することに。ところが釣果が出そうなポイントを数カ所探るものの、数日前の雨の影響か、水が冷たく反応なし。

さまよった末に日没寸前に入った小河川周りでようやく魚の反応が出始め、自作のトッププラグで日没までに5連発。何とか最後まで水面での釣りのいい形で締めくくることができた釣行となった。

ラン&ガンでメッキ連発 水面爆ぜるトップゲーム満喫【三重・南伊勢】トップで釣れだし楽しさ倍増(提供:週刊つりニュース中部版 APC・大宮好騎)

次のページで今後の展望を紹介

現在、一部都府県に緊急事態宣言が発令中です。外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。