『手バネ』で行う伝統釣法『シャクリマダイ』解説 釣果上々で入門好機

『手バネ』で行う伝統釣法『シャクリマダイ』解説 釣果上々で入門好機

内房の上総湊や竹岡は伝統釣法のシャクリマダイが盛ん。「この釣りひと筋」という熱狂的なファンが多い。釣果は連日上向きで、数型ともに有望。「やってみたい」という人にはお勧めできるシーズン。

千葉県のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像撮影:週刊つりニュース関東版編集部)

TSURINEWS編集部

船釣り エサ釣り

アタリ~アワセ

アタリがあった瞬間に素早く、力強くアワせることが肝心。硬い口に食い込むように一手、二手と力強くイトをたぐりアワせる。ここでポイントとなるのは一手~二手とスムーズに移れるかどうか。あわてず落ち着いてアワせられるように、事前に何度か練習しておくといいだろう。

アワセが決まれば、ミチイトをたぐる。ヒジを支点にして腕の角度でテンションを調整するのがコツ。リールのドラグがおこなっている作業を、手からミチイトを通じて伝わる引きの強さで判断して調整する。魚が一気に走った場合はイト巻きから素早くイトを送り出す。

『手バネ』で行う伝統釣法『シャクリマダイ』解説 釣果上々で入門好機釣りの手順(作図:週刊つりニュース関東版編集部)

のされたり、ミチイトを送る余裕がないような大物が掛かった場合、尻手ロープを竿尻に掛けて、竿を海中に入れ、尻手ロープでやりとりする。

『手バネ』で行う伝統釣法『シャクリマダイ』解説 釣果上々で入門好機大物とのやりとりで使う尻手ロープ(提供:週刊つりニュー関東版編集部)

やりとりが醍醐味

シンプルな仕掛けでのやりとりはまさに一対一の真剣勝負。リールを使った釣りではなかなか体験できない面白さがあるので、病みつきになる人は少なくない。

シンプルかつ奥深い釣り。はじめるなら今でしょ。

『手バネ』で行う伝統釣法『シャクリマダイ』解説 釣果上々で入門好機シンプルな道具立てで迫力の釣りが味わえる(提供:週刊つりニュー関東版編集部)

<週刊つりニュー関東版/TSURINEWS編>

この記事は『週刊つりニュース関東版』2020年11月6日号に掲載された記事を再編集したものになります。

緊急事態宣言は解除されましたが、外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。