淡水小物釣り堪能 マヅメの時合い狙い撃ちで六目達成【びん沼川】

淡水小物釣り堪能 マヅメの時合い狙い撃ちで六目達成【びん沼川】

10月中下旬、埼玉県富士見市・さいたま市を流れるびん沼川へと釣行した。朝夕マヅメ時を狙って、短時間で多魚種の小物釣りを堪能できた。

(アイキャッチ画像提供:WEBライター・なおぱぱ)

なおぱぱ

ライター紹介文→関東を中心に季節問わず1年中釣りを楽しんでおります。執筆しながら色々と成長をしていきたいと思いますので、宜しくお願い致します。

×閉じる

淡水の釣り 小魚釣り

別日に夕マヅメ釣行

10月21日(水)、午後から時間ができたので夕マヅメの同地別ポイントに来てみると、小物釣師の割合が多い。釣果を聞くとやはり多魚種が釣れていて、中でもタナゴ希望の方々が多数。私もその一人。どうやら話によるとカネヒラも稀に釣れるようなのでぜひ出会いたい。

常連の皆さんとのんびりお話しながら攻めていると、釣れる小物にサイズ感がある。いつものシルバーカラー軍団も引きが強く楽しい。ウキも豪快に沈みタイリクバラタナゴ7cmクラスも交じり、楽しいの一言である。

カネヒラに遭遇

隣に常連さんが移動してきて、仕掛けを入れるとすぐになにやら騒いでいる。サオも曲がり楽しそうで見ていると、私には見慣れない魚である大型のカネヒラだった。

釣れる確率は相当低いらしいので、かなり厳しいだろうと思いながら釣っていると、20分後、ウキが豪快に消込んだので上げると、ついに、はじめましてなカネヒラが釣れてびっくり。もちろん写真を撮りしばし観察タイムと嬉しい時間である。

淡水小物釣り堪能 マヅメの時合い狙い撃ちで六目達成【びん沼川】びん沼川で釣ったカネヒラ(提供:WEBライター・なおぱぱ)

レア魚が偶然にも釣れてくれたことで満足できたので、納竿して気分よく帰宅である。同地は手軽に多魚種が釣れてくれて気軽に遊べて、時には『同地でのレア魚』が楽しめることが分かった。また時間を見つけて釣行したいと思う。

<なおぱぱ/TSURINEWS・WEBライター>

▼この釣り場について
びん沼川

新型コロナウイルス感染拡大に伴う緊急事態宣言は全国で解除されましたが、外出する際には各自治体の最新情報を確認するなど引き続き感染拡大防止に努めてください。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしています。