淡水小物釣り堪能 マヅメの時合い狙い撃ちで六目達成【びん沼川】

淡水小物釣り堪能 マヅメの時合い狙い撃ちで六目達成【びん沼川】

10月中下旬、埼玉県富士見市・さいたま市を流れるびん沼川へと釣行した。朝夕マヅメ時を狙って、短時間で多魚種の小物釣りを堪能できた。

(アイキャッチ画像提供:WEBライター・なおぱぱ)

なおぱぱ

ライター紹介文→関東を中心に季節問わず1年中釣りを楽しんでおります。執筆しながら色々と成長をしていきたいと思いますので、宜しくお願い致します。

×閉じる

淡水の釣り 小魚釣り

びん沼川で小物釣り

全国イチに釣り人が集まると言われる「びん沼川」。年間6tクラスの多魚種の放流が行われており、相当に魚影が濃い川だ。びん沼川といえば多種多様に色々な魚種が遊んでくれて、釣師のタイプも様々にマルチに楽しめる川である。まさに淡水釣りがオールジャンルに楽しめる川といったところだ。

淡水小物釣り堪能 マヅメの時合い狙い撃ちで六目達成【びん沼川】夕暮れの釣行エリア(提供:WEBライター・なおぱぱ)

小物釣り用のタックル

80cmの小物ザオに、0.3号のラインをサオいっぱいに結び、タナゴ釣り用斜め通し親ウキ、小丸目印の順に付ける。極小ハリス止めにタナゴバリを付けて、親ウキはじわっとシモリバランスになるように板オモリで調整する。エサは野釣りグルテン、赤虫を用意した。

※釣れた魚をある程度まとめて撮影する場合や、観察してからのリリースの場合だと、生簀にポンプを入れておく配慮をしてあげることが大事。なので、即リリース以外の場合は、生簀とポンプの準備はタックルとして必須である。

淡水小物釣り堪能 マヅメの時合い狙い撃ちで六目達成【びん沼川】筆者の釣り座(提供:WEBライター・なおぱぱ)

朝マヅメにタナゴが7尾

10月19日(月)、朝マヅメにびん沼川へ到着して、久しぶりの同地なので状況確認。雨の影響だろうか少しだけ水が増えていて濁りもなく状態はよさそうだ。多魚種に短時間で遊んで貰おうと以前釣れたさいたま市側の実積場所へと入ることにした。

グルテンエサで1投目からアタリがあり、いきなりタイリクバラタナゴが登場。その後も立て続けにアタリがあり同種ばかりが7尾釣れた。

淡水小物釣り堪能 マヅメの時合い狙い撃ちで六目達成【びん沼川】大型のタイリクバラタナゴ(提供:WEBライター・なおぱぱ)

次のページで多魚種が顔を出す

現在、一部都府県に緊急事態宣言が発令中です。外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。