ライトブリームゲームでチヌ2尾手中 『キワ』狙いがキモ【大阪南港】

ライトブリームゲームでチヌ2尾手中 『キワ』狙いがキモ【大阪南港】

秋の大阪南港でライトブリームゲーム。波止のキワを狙い、チヌを2尾仕留めた釣行を報告したい。攻略のコツは、「リグを通すコース」だった。

大阪府のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像提供:WEBライター・井上海生)

井上海生

フィールドは大阪近郊。ライトゲームメイン。華奢なアジングロッドで大物を獲ることにロマンを感じます。

×閉じる

ソルトルアー ショア

大阪南港でライトブリーム

大阪南港でライトブリームゲーム。当日の状況は以下の通りだ。

日時:10月18日 17時~19時
潮回り:大潮上げ
天候:晴れ 風ほぼなし

絶好の条件といえる大潮回りで、風がほぼなし。キワに気泡が浮いていてプランクトンとベイトの気配がある。これは久々に期待が持てるかもしれない。この1ヶ月弱ほど、ノセきれなかったチヌを、アジングロッドを流用したライトブリームゲームで狙った。

夏パターンは通用せず

夕暮れ前に入り、時間に余裕を持って釣具の準備。まずは、キワをリトリーブで狙う。この日の条件で、きちんとワームがスイミングしてくれるのは、1.5gのバス用ジグヘッド+バス用ワーム2inchのセッティングだ。

このタックル設定で、夏はチヌの数釣りができた。私の中ですっかりとパターンができ上がった釣りだったが、ここ最近はこの単調なリトリーブで反応したのはカサゴだけ。そして、この日もそれは同じだった。いや、時合いを前に、カサゴもバイトを出してくれない。

夏パターンは通用しなかった。季節はもう秋で日没も早くなり、時合いも短い。夜の帳がおり、そろそろ別の釣りに切り替えなければいけないかな、と思ったところで反応があった。

岸壁ギリギリで40cm級チヌ

ふと、「もう少しコースを意識した方がいいんじゃないか」と思い、岸壁ギリギリを通すとノった。掛けた瞬間、前に向けて走っていく。これはカサゴではない。おそらくこの引き方はキビレかなと思いながら、ドラグを緩めて走らせておいて弱るのを待つ。

しかし、なかなか浮上してこない。ここまで約5分。まだ私は魚体を確認できていなかった。けれど重量級の雰囲気も感じない。

「ガンガン」と叩きこそするが、その力にも重みがなかった。これは何かなと思いながら、ラチが明かないので、ここでドラグを少し締めてこちら主導寄りにして、やや強引に浮かせることに。すると、40cm級のチヌの魚体を確認した。

やはりそんなに大きくはないと思いつつも、絶対にバラしたくない。慎重にランディングしてみると、なかなか上がってこなかった原因は判明。それは「ハリの掛かりどころ」だ。

ライトブリームゲームでチヌ2尾手中 『キワ』狙いがキモ【大阪南港】口にハリ掛かりせず(提供:WEBライター・井上海生)

スレ掛かりではない?

これは、スレ掛かり?いや、おそらくワームの頭を押さえにきて、反転した後にハリに掛かったのだろう。ハリの掛かりどころがヘンだと、魚体にかかる水圧が増して、実際よりも大きく感じられるのだ。

たぶん、本人はこう食いたかったはずだと、ワームを口元に付け直してみる。

ライトブリームゲームでチヌ2尾手中 『キワ』狙いがキモ【大阪南港】口で押さえ込もうとしたはず(提供:WEBライター・井上海生)

やはりこの日のチヌは、非常に壁ギワぎりぎりに着いていた。おそらく、岸壁ギワにえぐれのようなポイントができていて、そこにぴたっと体を寄せているのだろう(そういう場所が少しでも海水温が高いのだろうか?)。

そして、近くを通りすぎるベイトを、慎重に捕食しているものと思われる。同パターンでもう1匹追加。

巨ボラが登場

その後、なぜかボラもヒットした。

ライトブリームゲームでチヌ2尾手中 『キワ』狙いがキモ【大阪南港】大きなボラ(提供:WEBライター・井上海生)

ボラもなかなか困らせてくれる個体がいる。この日釣れたボラは、強烈な引きを見せながらも、比較的すんなり上がってきてくれたが、沖合いに走られ、潜られてラインブレイクすると疲れる。しかしまぁ、大型魚だ。嬉しくなくはない。

海に返した後は、タモを海水にくぐらせ、しっかりと臭いをとった。

次のページで『秋~冬のチヌ攻略法』を紹介

現在、一部都道府県に緊急事態宣言が発令中です。外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。