2Daysボートジギングゲームでサワラ&メジロ好捕【兵庫・明石沖】

2Daysボートジギングゲームでサワラ&メジロ好捕【兵庫・明石沖】

10月18日の兵庫・明石沖ボートジギングではハマチ&サワラのみ。メジロの忘れ物を取りに、翌日にリベンジ釣行へ。

兵庫県のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像提供:WEBライター・丸山明)

丸山明

ゴムボートから始めたボート釣りも25年を過ぎ、もうover60です。釣りを極めたいです。

×閉じる

ソルトルアー オフショア

明石沖でボートジギング

10月18、19日、大潮の最終に天候回復で、兵庫・明石沖へボートでのジギング釣行です。天候と潮周りで久しぶりですが、急な冷え込みによる霧が海上にモウモウと発生し、小心者の私はとてもとても霧に突っ込めず、1時間半の待機で朝の時間をロスしたものの、なんとか釣果を上げることができました。

2Daysボートジギングゲームでサワラ&メジロ好捕【兵庫・明石沖】霧で見通しの悪い海上(提供:WEBライター・丸山明)

明石沖での青物の釣り方

明石沖での青物狙いの釣り方は、「活きアジの飲ませ釣り」、「ジギング」、「サビキやチョクリ仕掛け」の3種が主流です。

いわゆる、オキアミなどのエサを使ったまきエサの釣りは、「兵庫県の海面で遊漁を行う留意事項(兵庫県農林水産局水産課)」で、船上からのまきエサ釣りとして禁じられています。釣り船も一切行っていません。

サビキ類はハマチサイズには効果ありますが、メジロやブリのサイズを狙う選択肢は、飲ませ釣りとジギングです。

活きアジを使う飲ませ釣りは、たいへん面白い釣りで、ワクワクするやり取りは好きな釣りの一つです。しかし、問題は「小アジの確保」。昨年も小アジが11月から少なく、今年も乗合船では、10月から随分確保に苦労されていますが、朝一番に多くの時間を費やしたくないのです。

2Daysボートジギングゲームでサワラ&メジロ好捕【兵庫・明石沖】9月には確保しやすかったアジだが…(提供:WEBライター・丸山明)

ルアーゲームのジギングは、釣行前にすべての準備が完了でき、即釣り場に入れます。釣りの趣や好き嫌いを別にして、飲ませ釣りに比べて機動性が高く、夜明けに潮が動き始める日の、朝一番の時合いに間に合います。

ベイトの反応はあるが…

10月18日は、朝一番の潮を狙おうと夜明け前の出航でしたが、霧で一旦戻り、1時間半のロスタイムで、朝の時合いを逃した感があります。狙い場となる明石沖カンタマに到着したのは8時半前。すでに明石海峡の潮流は最速(6.6ノット)で、ここカンタマも4ノット近くで少し速すぎの流れです。

160g(赤金)のジグで水深55mのボトムを取り、ゆっくりとしたジャークとフォールで誘い、水深30mまでのカケアガリを狙いますが、気配を感じることができません。魚探のベイト反応はしっかり出ているので、回遊期待で、船を潮上に戻しもう一度攻めてみます。

2Daysボートジギングゲームでサワラ&メジロ好捕【兵庫・明石沖】ベイト反応はシッカリと出ている(提供:WEBライター・丸山明)

ハマチ45cmゲット

カケアガリ45m付近で、フワッと軽くなるアタリです。元気良く引く、ホッとする最初の1匹は、レギュラーサイズである45cmのハマチです。

2Daysボートジギングゲームでサワラ&メジロ好捕【兵庫・明石沖】元気なハマチが登場(提供:WEBライター・丸山明)

少し空白の時間が続いた2匹目は、お気に入りのピンクシルバーにカラーチェンジで食い、これも、同サイズのハマチです。

次のページで良型サワラが登場!

現在、一部都道府県に緊急事態宣言が発令中です。外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。