波止カマスゲームで数釣り堪能 ジグ単&小型ミノーで【福岡・志賀島】

波止カマスゲームで数釣り堪能 ジグ単&小型ミノーで【福岡・志賀島】

秋時期にショアから狙えるルアーのターゲット・カマス。秋の風物詩ともいえるこの魚を弘漁港(福岡市東区・志賀島)で狙った。

福岡県のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像提供:週刊つりニュース西部版 APC・鈴木泰也)

TSURINEWS編集部

ソルトルアー ショア

志賀島でカマスゲーム

10月3日は弘漁港(福岡市東区・志賀島)でカマスを狙った。

志賀島の弘漁港に到着したのは5時前。しかし、土曜日の最盛期である。堤防に入るスキなし。あきらめて帰宅しようと思ったが、大きなテトラで足場が悪い場所が空いているのを確認。足元に注意しながら釣座を確保。

テトラにずらりと並んだアングラーは、ほぼサゴシ狙い。そして、人気のフカセでのチヌ釣り師たち。どうやらライトタックル片手にカマス狙いは私だけのようだ。

波止カマスゲームで数釣り堪能 ジグ単&小型ミノーで【福岡・志賀島】釣り場広域略図(作図:週刊つりニュース西部版 APC・鈴木泰也)

テトラ際でカマス連発!

夜明け前なので、アジの回遊がないものかと、ロッドアクションはアジ狙いに。昨年は日の出前に良型のアジが回遊していたのを思い出す。

波止カマスゲームで数釣り堪能 ジグ単&小型ミノーで【福岡・志賀島】当日のタックル(作図:週刊つりニュース西部版 APC・鈴木泰也)

ジグヘッドは1.5gに、ワームは実績十分の海毛虫Jr。オキアミカラーで探りを入れると、テトラのキワでひったくっていくアタリ!これはアジの引きではないなと、ヘッドライトをつけて確認すると、今季初物のカマスだった。

テトラのキワをリトリーブすると、ガガッとかみつくアタリ!ワームで連続ヒットを楽しむ。

今度はボトムを意識してチョンチョンとアクションさせると、今度は豆アジ。中型のアジを期待したが、回遊はなさそうである。

5gのメタルジグに替え、フォールでカマスと遊ぶ。

6時ごろ時合い到来

夜が明けると、あちこちでナブラ。水面を跳ねるベイトを追い、カマスやサゴシが身を乗り出している。隣では、ぽつぽつとサゴシもヒットしている。

6時ごろは一番の盛り上がりを見せている。私は小型のミノーに替え、水面でバイトするカマスをヒットさせ楽しむ。アタリが遠のくと、今度はジグヘッドに戻す。

このようにルアーゲームを楽しんでいると、時刻は7時前。日が昇ると、あっという間に低活性になる。

約2時間のゲームを楽しみ、帰宅してカマスの干物作りをした。すっかり涼しくなった秋の海に、皆さんも出かけてみては。

波止カマスゲームで数釣り堪能 ジグ単&小型ミノーで【福岡・志賀島】短時間で数釣り有望(提供:週刊つりニュース西部版 APC・鈴木泰也)

<週刊つりニュース西部版 APC・鈴木泰也/TSURINEWS編>

▼この釣り場について
福岡市志賀島・弘漁港
この記事は『週刊つりニュース西部版』2020年10月23日号に掲載された記事を再編集したものになります。

現在、一部都府県に緊急事態宣言が発令中です。外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。