【大分・熊本】沖釣り最新釣果 指9本級『神龍』タチウオ堂々顔出し

【大分・熊本】沖釣り最新釣果 指9本級『神龍』タチウオ堂々顔出し

熊本県と大分県から沖釣り最新釣果情報が入った。タチウオ釣りでは指9本の神龍サイズ筆頭にドラゴン多数浮上。タイラバ&テンヤでは85cm大ダイも。

熊本県のリアルタイム天気&風波情報

大分県のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像提供:第三Soyamaru)

TSURINEWS編集部

船釣り エサ釣り

熊本県:共栄丸

10月5日、熊本県玉名市滑石の共栄丸は、島原沖にタイラバ、テンヤでマダイ釣りに出船。写真の乗船者が、85cm8.4kgの超大型マダイを見事釣り上げ披露してくれた。これを筆頭に良型も多くヒットし、数釣り。ほかにもチヌやヒラメ、アコウなども釣れ、多彩な釣果となった。今後の好シーズンも好釣果が有望だ。タチウオ釣りも出船中。指幅6本サイズ交え数期待できる。

【大分・熊本】沖釣り最新釣果 指9本級『神龍』タチウオ堂々顔出しマダイ8.4kgキャッチ(提供:共栄丸)
▼この釣り船について
共栄丸
出船場所:玉名漁港

大分県:海人丸

10月4日、熊本県玉名市の新川漁港から出船中の海人丸は、島原沖へテンヤ、タイラバのマダイ釣りで出船。ご覧の70cmオーバーの大ダイがヒット。ほかにも、アコウやヒラメなど釣れ、多彩な好土産となった。依然釣果順調で好土産楽しみだ。タチウオも出船中。

【大分・熊本】沖釣り最新釣果 指9本級『神龍』タチウオ堂々顔出し70cmオーバー浮上(提供:海人丸)
▼この釣り船について:海人丸
【大分・熊本】沖釣り最新釣果 指9本級『神龍』タチウオ堂々顔出し

大分県:みくに丸

10月4日、大分県佐賀関・神崎漁港の、みくに丸が大分沖のタチウオ釣りに出船すると、この日は見事にドラゴン級も仕留めてみせた。

【大分・熊本】沖釣り最新釣果 指9本級『神龍』タチウオ堂々顔出しタチウオ好調(提供:みくに丸)
▼この釣り船について
みくに丸
出船場所:神崎漁港

大分県:照陽

10月3日、大分県大分市・西細港の照陽が大分沖のタチウオ釣りに出船。大潮で潮の流れが速く非常に釣りづらい状況ながらも、乗船者らを繊細なタチウオのアタリをしっかりとらえてぽつぽつ追加。船中では指8本の神龍サイズも上がっている。

【大分・熊本】沖釣り最新釣果 指9本級『神龍』タチウオ堂々顔出しタチウオ指8本(提供:照陽)
▼この釣り船について
照陽
出船場所:西細港

大分県:Soyamaru

Soyamaruは2船体制で出船中。

第一Soyamaru

10月4日、大分県杵築・納屋港の第一Soyamaruが大分沖のカワハギ釣りに出船すると、開始直後からぽつぽつ釣れだす好況。しかし、獲物は”エサ取り名人”。知らない間に取られているシーンも多々あった模様。船中ではバラシも多発したものの、28cmの大型カワハギも釣れている。まだまだシーズン序盤戦、今後の釣果も期待大。

【大分・熊本】沖釣り最新釣果 指9本級『神龍』タチウオ堂々顔出し大カワハギゲット(提供:第一Soyamaru)

第三Soyamaru

10月3日、大分県杵築・納屋港の第三Soyamaruが大分沖のタチウオ釣りに出船すると、船中ではいきなり指9本の神龍サイズが登場。この1尾を皮切りに、その後も指8本や指7本のドラゴンが浮上。立て続けにビッグサイズが連発したようだ。船長は「タチウオのアタリは繊細なのでサオは重要です。専用のサオで釣果アップを目指してください」と話す。

【大分・熊本】沖釣り最新釣果 指9本級『神龍』タチウオ堂々顔出し指9本の神龍サイズ登場(提供:第三Soyamaru)
▼この釣り船について:Soyamaru
【大分・熊本】沖釣り最新釣果 指9本級『神龍』タチウオ堂々顔出し

<週刊つりニュース西部版 編集部/TSURINEWS編>

この記事は『週刊つりニュース西部版』2020年10月16日号に掲載された記事を再編集したものになります。

現在、一部都道府県に緊急事態宣言が発令中です。外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。