ちょい投げハゼ釣りで70匹手中 初心者用タックルで堪能【霞ケ浦ふ頭】

ちょい投げハゼ釣りで70匹手中 初心者用タックルで堪能【霞ケ浦ふ頭】

9月21日、三重県四日市市の霞ケ浦ふ頭でハゼ釣りにチャレンジ。初挑戦でも楽しめるので、家族やカップルでの釣行にもオススメだ。

三重県のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像提供:週刊つりニュース中部版 APC・渡邉敦)

TSURINEWS編集部

海釣り 堤防釣り

霞ケ浦ふ頭でハゼ釣り

午後1時すぎに川中さんと待ち合わせて霞ケ浦ふ頭へ向かう。国道23号線沿いにある飛島村の明徳屋に立ち寄ってイシゴカイを購入。3時すぎにふ頭に到着した。

川中さんの話では、ハゼが潮に乗って入ってくる上げ潮の方が釣れるとのこと。なので、当日は潮が上げてくる午後3時半ごろにスタートした。現地集合の浅井さんはひと足早く釣り場に到着しており、ハゼクランクで釣り上げていた。

サオの長さは違うが、3人同じ仕掛けでハゼ釣りスタート。タックルは、うきまろッド&リールにがまかつのうきまろキスハゼ大集合。エサはイシゴカイだ。

ちょい投げハゼ釣りで70匹手中 初心者用タックルで堪能【霞ケ浦ふ頭】当日の仕掛け(作図:週刊つりニュース中部版 APC・渡邉敦)

チョイ投げで15cmハゼ

私が支度をしている間に浅井さんがハゼを釣り上げた。え!もう釣れたんですか?

浅井さんからレクチャーを受ける。イシゴカイが長いので、2~3cmくらいの大きさに切ってハリに付けると食い込みがいいそうだ。潮が引いているので少し仕掛けを投げ、ゆっくりとずるずる底を引く感じでアタリを待つといいらしい。

早速チョイ投げしてゆっくりずるずる底を探ると、5秒もしないうちにコツコツとアタリ。15cmのハゼをゲットした。隣の川中さんも順調にハゼを釣り上げている。

ちょい投げハゼ釣りで70匹手中 初心者用タックルで堪能【霞ケ浦ふ頭】初挑戦の渡邉さんにハゼヒット(提供:週刊つりニュース中部版 APC・渡邉敦)

ワタリガニも登場

潮が上げてきて水深が深くなってくると、足元に落とすだけでハゼが反応してくれる。うきまろオモリは黄色なので、ハゼがエサをくわえてオモリを引っ張っていくのがよく分かる。アタリが分かりやすくて面白い。

ちょい投げハゼ釣りで70匹手中 初心者用タックルで堪能【霞ケ浦ふ頭】今回使ったうきまろタックルと仕掛け(提供:週刊つりニュース中部版 APC・渡邉敦)

水中を眺めていると、何か大きくて動く物体が…。仕掛けを落としてみると掛かっちゃったけれど何?タイワンワタリガニだ。タモですくってゲットした。

最終釣果は約70匹

午後5時を過ぎると、潮が上がってきてアタリが頻繁に出るようになった。ダブルヒットあり、トリプルヒットありと楽しむことができ、日が落ちた6時に終了した。

3時間釣行の釣果は3人でハゼ70匹ほどとなった。

ちょい投げハゼ釣りで70匹手中 初心者用タックルで堪能【霞ケ浦ふ頭】ハゼキャッチ(提供:週刊つりニュース中部版 APC・渡邉敦)

次のページで釣果料理を堪能!

現在、一部都府県に緊急事態宣言もしくはまん延防止等重点措置が発令中です。外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。