【釣果レシピ】タチウオの「骨せんべい」 栄養抜群のオヤツ&オツマミ

【釣果レシピ】タチウオの「骨せんべい」 栄養抜群のオヤツ&オツマミ

大人気の釣りターゲット「タチウオ」。美味しい魚ですが、骨まで食べる人は少ないのでは?今回は、「タチウオの骨せんべい」のレシピを紹介します。

(アイキャッチ画像提供:WEBライター・杉本隼一)

Shunichi_Sugimoto

静岡出身の釣り大好き人間。エサ釣り、ルアーフィッシング問わず様々な釣りを楽しんでいます。陸っぱりがメインですが、最近船釣りに目覚めました。レシピやお役立ち情報も発信していきますのでよろしくお願いします。

×閉じる

その他 レシピ

タチウオ釣りの魅力

シーズン最盛期を迎えているタチウオは、陸っぱりと船釣りどちらからでも狙える人気の釣りターゲットです。

エサ釣りとルアーどちらでも手軽に狙える反面、とても奥が深い釣り物です。捕食が下手なタチウオをいかに食い込ませるかの駆け引きや、ルアーのカラーやバランスなどのちょっとした差で釣果が大きく変わるなど初心者から上級者まで楽しめます。

【釣果レシピ】タチウオの「骨せんべい」 栄養抜群のオヤツ&オツマミ人気釣り物のタチウオ(提供:WEBライター・杉本隼一)

小型が骨せんべい向き

また、タチウオは美味しい魚でもあるのでスーパーでもタチウオの切り身を見かけるます。ムニエルや塩焼きはもちろん、揚げたり蒸したりしてもOK。鮮度が良ければ、刺身や炙りにしても美味しく食べられます。

タチウオを下処理する時には、基本的にぶつ切りにして切り身にするか、3枚おろしにすることが多いと思います。3枚おろしにすると、普通なら捨ててしまう中骨が出ますが、中骨はせんべいにすると美味しく食べることができ、おやつのほかにおつまみにもピッタリです。

タチウオの骨せんべいを作るときは「細めのタチウオ」がオススメです。釣り上げた時に出血してリリースできない細めのタチウオがあれば、骨せんべいにしてみましょう。サイズが大きいタチウオは少し食べづらいことがありますが、小さいタチウオほど軽い食感で食べやすいです。

タチウオの3枚おろし

1.  ひも状になっている尾の部分をカット

2. 捌きやすいように肛門の少し後ろあたりで2等分にする

3. 頭を落として内臓も取り除き、腹の汚れを洗い流す

【釣果レシピ】タチウオの「骨せんべい」 栄養抜群のオヤツ&オツマミ頭と内臓を取り除く(提供:WEBライター・杉本隼一)

4. 両側の背びれと腹びれの付け根に沿って包丁を入れ、ガイドとなる切れ目を作る

5. 中骨に沿って包丁を滑らせるように両側の身を剥がす

【釣果レシピ】タチウオの「骨せんべい」 栄養抜群のオヤツ&オツマミ捌いたタチウオ(提供:WEBライター・杉本隼一)

鮮度が良ければ刺身や炙りにするのがオススメ。そのほか、蒲焼きや唐揚げなども美味しく食べられます。

次のページで骨せんべいの作り方を紹介!

現在、一部都道府県に緊急事態宣言が発令中です。外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。