鹿島沖で『マダコ釣り』が開幕 良型1kg級狙えるチャンス【茨城】

鹿島沖で『マダコ釣り』が開幕 良型1kg級狙えるチャンス【茨城】

茨城鹿島沖ではマダコ釣りが開幕。鹿島の幸栄丸では良型マダコが続々とあがっている。現在の釣況と基本的な釣り方について解説しよう。

茨城県のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像提供:幸栄丸)

TSURINEWS編集部

ソルトルアー オフショア

鹿島沖マダコ釣りの状況

鹿島の幸栄丸では5日、1.6kg頭に3~7尾。2日は0.4~1.5kg3~6尾。今シーズン初出船となった1日は0.3~1.2kg3~5尾。全員同時ヒットなどもあり好調。また、掛かれば1kg級の良型ぞろいなのも魅力だ。

鹿島沖で『マダコ釣り』が開幕 良型1kg級狙えるチャンス【茨城】マダコ開幕だ(提供:幸栄丸)

釣り場は底に石がゴロゴロしているような場所や砂利場なので、比較的根掛かりは少ない。

タックル&釣り方

釣り方はエギが主流。ジギングロッドや丈夫なフグ用の竿を使い、オモリ+マダコ用のエギの2個付けといったリグが定番。底を狙う釣りなので、エギやオモリは予備を多めに用意することを進める。

鹿島沖で『マダコ釣り』が開幕 良型1kg級狙えるチャンス【茨城】タックル図(作図:週刊つりニュース関東版 編集部)

また、タックルは石などに張り付いたマダコをはがせるだけの頑丈な竿と太目のミチイトが必要になる。「脱走防止」として釣ったマダコを入れておくファスナー付きの洗濯ネットなどを用意しておくといいだろう。

同地のマダコは「鹿島ダコ」と呼ばれ、鹿島灘を代表するブランドとして食通に知られる。今後は、南下してくる渡りのシーズンとなる。引き続き期待できそうだ。

<週刊つりニュース関東版 編集部/TSURINEWS編>

▼この釣り船について:幸栄丸
鹿島沖で『マダコ釣り』が開幕 良型1kg級狙えるチャンス【茨城】
この記事は『週刊つりニュース関東版』2020年10月16日号に掲載された記事を再編集したものになります。

現在、一部都府県に緊急事態宣言もしくはまん延防止等重点措置が発令中です。外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。