釣ったマダコの下処理&冷凍保存法 「2度冷凍する」がポイント?

釣ったマダコの下処理&冷凍保存法 「2度冷凍する」がポイント?

夏が旬のマダコ。堤防などから手軽に狙える人気ターゲットだ。しかし、そろそろ〝タコの盆隠れ〟により、釣れなくなる。そこで今回はマダコの調理から保存までを完全レシピ化。「食べたいときに食べる調理法」を紹介する。

(アイキャッチ画像提供:TSURINEWSライター松田正記)

松田正記

TSURINEWSの〝レシピ〟が好きすぎて「藤まる食堂」をオープン。いろいろな釣りを紹介する地元(熊本)の釣りガイド。最新の釣果情報と魚料理のリアル二刀流です。

×閉じる

その他 レシピ

持ち帰り方

釣れたマダコは、そのままビニール袋に入れ、クーラーに収める。イカ絞めなどを使って絞めなくても鮮度は落ちない。ただし、溶けた氷水に触れると変色するため、2~3匹と数が出た時はビニール袋を二重にし、水の侵入を防いでおこう。

まずは冷凍

持ち帰ったマダコは、さらにビニール袋を被せ、そのまま冷凍庫に。1~2日経つとタコの繊維質が壊れるのか、身が軟らかくなる。そのうえ、例え雑菌がいた場合でも冷凍することで殺菌になるので、試してみよう。

下処理

解凍は冷蔵室内でゆっくりと。半氷になったところで塩を振り、揉み洗いする。水道水をあてながら行うと、簡単に滑りが取れる。タコの表面が「キュキュッッ」となれはOK。釣り立ての状態から塩揉みするよりも時短でラクだ。

釣ったマダコの下処理&冷凍保存法 「2度冷凍する」がポイント?塩揉み後は水で洗いながら滑りを取る(提供:TSURINEWSライター松田正記)

茹でる

次の工程は下処理したマダコを茹でる。まずは水を張った鍋に塩と酢を少々入れ、加熱。沸騰した時点で濃口しょう油を加えてタコを投入。しょう油を入れることで、色が落ちず、きれいな状態で茹で上がる。

ちなみに茹でる時間は好みで。今回のサイズは600gほど。芯まで火を通すなら、沸騰して15分ほど。ミディアムで10分、レアなら5分ほどを目安に。

釣ったマダコの下処理&冷凍保存法 「2度冷凍する」がポイント?濃い口しょう油を入れて茹でる(提供:TSURINEWSライター松田正記)

冷ます

茹でたタコは、フックなどに吊り下げて冷ます。急激に冷水で冷やすと味落ちするため、室内でゆっくりと冷ましていく。

釣ったマダコの下処理&冷凍保存法 「2度冷凍する」がポイント?ゆっくり冷ます(提供:TSURINEWSライター松田正記)

切り分ける

タコがある程度冷めたら、切り分けていく。まずは頭を切り、ワタを取る。次いで足の部分。足は8本に分け、いずれも先端部分を1~2cm切り落とす。参考までに足の先端を切る理由は雑菌の処理。足の先が最も菌が残りやすいと言われる。

釣ったマダコの下処理&冷凍保存法 「2度冷凍する」がポイント?足の先端はカットする(提供:TSURINEWSライター松田正記)

再び冷凍

切り分けたタコはキッチンペーパーに包んでラップで包み、再び冷凍する。頭(胴)と足で9つになるはず。小分けにしておけば「食べたい時に食べたい分」取り出せるので便利。それだけでなく、冷凍庫内で1年ほど持つ。

釣ったマダコの下処理&冷凍保存法 「2度冷凍する」がポイント?小分けにして再び冷凍しておく(提供:TSURINEWSライター松田正記)

<松田正記/TSURINEWSライター>

緊急事態宣言は解除されましたが、外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。