波止に青物シーズン到来 ショアジギでイナダ・スマガツオ・シオ【三重】

波止に青物シーズン到来 ショアジギでイナダ・スマガツオ・シオ【三重】

秋になり、待ちに待った青物シーズンの開幕だ。9月12日は三重・相賀浦漁港でショアジギング。早朝の短時間でイナダ、シオ、スマガツオまで登場した。

三重県のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像提供:週刊つりニュース中部版 APC・橋本広基)

TSURINEWS編集部

ソルトルアー ショア

相賀浦漁港でショアジギング

当日は早朝に三重・南伊勢町方面のポイントに到着。この日は大型魚狙いということで、地磯での釣行を計画。早速海況をチェックするが、白波が打ちつけ荒れ狂う大波。空では真っ黒な分厚い雲が今にも泣きだしそうである。

そこで作戦変更。安全第一。穏やかな「相賀浦漁港」での釣行となった。

早速、釣友2人とキャストを開始。このポイントは水深が浅いため、メタルジグの20gをチョイス。朝マヅメのゴールデンタイムということもあり、まずは表層付近で小魚を追い回す活性の高い個体に狙いを絞った。

アクションは着水後いったん底を取り、その後は「キュンッキュンッキュンッ」と、リズミカルなワンピッチジャークで手返しよく広範囲を探っていく。

波止に青物シーズン到来 ショアジギでイナダ・スマガツオ・シオ【三重】当日のタックル(作図:週刊つりニュース中部版 APC・橋本広基)

40cmイナダをキャッチ

開始から1時間。全く反応もなく時間だけが過ぎていく。すると、釣友のたかちゃんにファーストヒット。ギュンギュンとロッドは締め込まれ、キャッチしたのは40cm弱のツバス(イナダ)。この時期のレギュラーサイズだ。潮が動きだしたこともあり、海面に見える小魚の量が明らかに増えてきた。

波止に青物シーズン到来 ショアジギでイナダ・スマガツオ・シオ【三重】釣友の小野田さんイナダ連打(提供:週刊つりニュース中部版 APC・橋本広基)

珍ゲストのスマガツオ

そこで私はイマイチの状況を打破するため、アクションをワンピッチジャークから、ゆっくりとしたナチュラルな動きでアタリを誘引するロングジャークへと変更した。するとそれが大当たり。ロッドを後方に大きく引き、そのイトフケを利用してヒラヒラとジグを沈めていくと、アタリが連発。

ガツンッと青物特有の明確なアタリから、スピード感ある引き味を楽しみイナダ2匹とスマガツオ、シオを連続キャッチ。特にこのエリアの陸っぱりで初のスマガツオキャッチには驚いた。

波止に青物シーズン到来 ショアジギでイナダ・スマガツオ・シオ【三重】レアなスマガツオもジグにアタック(提供:週刊つりニュース中部版 APC・橋本広基)

次のページで青物が続々ヒット!

現在、一部都府県に緊急事態宣言もしくはまん延防止等重点措置が発令中です。外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。