極細エステルラインで60cm超シーバス 釣れたアジにヒット【大阪南港】

極細エステルラインで60cm超シーバス 釣れたアジにヒット【大阪南港】

大阪南港へアジングゲームに出掛けた。釣れたアジに思わぬ良型シーバスがヒット!極細エステルラインでのやり取りとなった釣行をレポートしよう。

大阪府のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像提供:WEBライター・井上海生)

井上海生

フィールドは大阪近郊。ライトゲームメイン。華奢なアジングロッドで大物を獲ることにロマンを感じます。

×閉じる

ソルトルアー ショア

大阪南港でアジング

9月26日は長潮で晴天。17時~20時の間に大阪南港でアジングを楽しんだ。

風が少し気になる程度に吹いてはいるが、リグを重めにすればライン管理はできる。いつもより0.4g重い、1.2gのジグヘッドをつけて、夕マヅメ前から様子を見てみる。

最近はいつ来ても、表層にベイトフィッシュが大量に発生している。これをアジと見て投げても、ワームは無視される。正体は、キビナゴだ。いやカタクチイワシかもしれない。

これはタチウオが始まる直前の合図と見ていいだろう。連中はアジも食うが、初秋のメインベイトはこの小魚なのだと思う。例年よりタチウオ開幕が遅れている様子の大阪南港で、気が焦れるが、いずれ始まるときがくる。

20時ごろにアジの反応

この日は長潮で、ずっとダラダラと潮が動いているような状態だった。潮の満ち引きに合わせて動くアジを狙おうと思うと、こういうメリハリのない潮こそ狙いにくい。

「今は回遊していないのかな」、「それとも別の場所にいるのかな」と悩んで、場所を少し動いたり、常套パターンの表層の気泡下を打ってみたりするが、まったくアタらない。

しかし、潮の干満とも時合いともまったく関係のない20時ごろ、粘りに粘って、もう上がろうと決めていたところで、ごく小さなアタリがきた。こういうときには「即アワせ」してすっぽ抜けさせてしまいがちだが、疲れていたせいか私の反応が遅れ、それが功を奏したのか、乗る。

60cm後半のシーバスがヒット!

「よかった~」と弱々しく呟きながらバラさないように寄せてくると、手前で突然ズンと重みが乗った。何?と思った瞬間、水面に浮上してきたシーバスがエラ洗いする。外れなかった。それはよかったが、一瞬見えたシルバーの魚体はデカかった。

ラインはエステル0.25号だ。しかし経験上、70cm弱まではエステルラインで獲ったことがあるので、もうここは慌てずに。強気に行ってもラインの力で勝てないことは分かっているので、ドラグはゆるゆるのまま、相手が泳ぎ疲れてヘバるのを待つ。

心配だったのは、釣ったアジをそのまま丸呑みしたのか、アジの口に掛かったはずのハリがシーバスにハリ掛かりしているのか、だった。しかし、おそらくもう襲われたアジはズタボロになっているような長いやり取りをしても、シーバスは外れなかった。

5分ほどかけて、浮かせて、タモ入れ。スケールを当てると、60cm後半級だった。食われたアジは姿もなかった。釣れてくれたことは嬉しい。しかし相手も疲れているだろうと、私も疲れていることもあって、写真撮影だけして優しく海に返してやった。

極細エステルラインで60cm超シーバス 釣れたアジにヒット【大阪南港】釣ったアジに食ってきたシーバス(提供:WEBライター・井上海生)

次のページでエステルラインでのやり取りのコツを紹介

現在、一部都府県に緊急事態宣言もしくはまん延防止等重点措置が発令中です。外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。