「カサゴ」はライトゲーム入門に最適 ボーズ逃れの切り札にも?

「カサゴ」はライトゲーム入門に最適 ボーズ逃れの切り札にも?

日本全国に生息し、どんなタイミングでも釣ることができるターゲット。それがカサゴだ。陸っぱりのライトゲームを始める人にとって、最適な好敵手でもある。

(アイキャッチ画像提供:WEBライター・井上海生)

井上海生

フィールドは大阪近郊。ライトゲームメイン。華奢なアジングロッドで大物を獲ることにロマンを感じます。

×閉じる

ソルトルアー ショア

カサゴゲーム入門

カサゴは、これからライトゲームに入門しようという人にオススメのターゲットだ。ライトゲームで人気のターゲットは、メバル・アジだが、この2種にはシーズンにやや影響されやすい。秋はアジの時期といえるが、アジングは初心者には何気にちょっと難しかったりする。

ライトゲーム入門は、夜(カサゴの活性が高いのは昼より夜)、時期を問わず、漁港の波止際にワームを付けたジグヘッドを落として、きちんとボトムを取り、釣り人がちょっと横に歩いてリトリーブのコースを作る。後は横に巻いてくるだけの「ガシリング(カサゴング?)」が良い。

「カサゴ」はライトゲーム入門に最適 ボーズ逃れの切り札にも?ガシリング?で良型を狙おう(提供:WEBライター・井上海生)

軽めのジグヘッドで

カサゴの活性は潮の上げ下げにも若干絡むが、まあどんな時でも多少は反応がある魚なので、あまりタイミングなどは考えなくて良いだろう。それよりも大事なのは、過度に重いジグヘッドを使って「底を取り過ぎないこと」だ。

水深もそんなになさそうな海ならば、ライトタックルに1.5g程度のジグヘッドで底が取れる。これくらいの軽量ヘッドの方がカサゴの反応が良い。2g以上となると途端に根掛かりが増えるので注意しよう。

ベテランもガシリング

本命が釣れない時には…ガシラがそこにいる。ワームを付けて落とすだけで、ボーズ逃れできる。「今日はもう帰ろう」と思う前に、カサゴを釣ろう。大きいのが釣れるとちょっと嬉しい。引き味は単調だが、それでもデカいのはなかなか面白いファイトを見せてくれることもある。小物はリリース。大物は釣って食べてもおいしい。オススメは煮付けだ。

「カサゴ」はライトゲーム入門に最適 ボーズ逃れの切り札にも?カサゴとメバルの煮付け(提供:WEBライター・井上海生)

<井上海生/TSURINEWS・WEBライター>

新型コロナウイルス感染拡大に伴う緊急事態宣言は全国で解除されましたが、外出する際には各自治体の最新情報を確認するなど引き続き感染拡大防止に努めてください。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしています。