河口域ショアジギングで51cm頭に「ヒラスズキ」5尾手中【大分・番匠川】

河口域ショアジギングで51cm頭に「ヒラスズキ」5尾手中【大分・番匠川】

大分県佐伯市・番匠川河口でヒラスズキ狙い。「ジジジーッ」と鳴るドラグ音を楽しみながら、本命51cmをキャッチすることができた。

大分県のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像提供:週刊つりニュース西部版 APC・岡田賢一)

TSURINEWS編集部

ソルトルアー ショア

番匠川河口でヒラスズキ狙い

9月14日、中潮。大分県佐伯市・番匠川河口へヒラスズキを釣りに行った。よく釣れるのはセイゴ級だが、フッコ級に期待したい。

午前5時50分に釣り開始。当日は満潮が4時ごろであり、満潮から干潮にかけて狙う形となった。

河口域ショアジギングで51cm頭に「ヒラスズキ」5尾手中【大分・番匠川】雰囲気もムンムン(提供:週刊つりニュース西部版 APC・岡田賢一)

メタルジグを使用

早朝に実績のある、メタルジグのゼブラグロー10gから使用する。1週間ほど前の釣果がマサバ20cm級5尾と惨敗であったため気合いを入れるが、まったくヒットしなかった。

ルアーやカラーをチェンジし、いろいろな方向へキャストしてみるが、状況は変わらなかった。辺りが明るくなり、メタルジグのケイムラカタクチへ変更した。

河口域ショアジギングで51cm頭に「ヒラスズキ」5尾手中【大分・番匠川】当日のタックル(作図:週刊つりニュース西部版 APC・岡田賢一)

何でもいいので釣れないかな~と願っていたら、いきなりガツーンとヒットした。その直後にジャンプし、バラしてしまったが、30cm級のシーバスを確認できたのがうれしかった。

ボイル撃ちで本命51cm

その後、数投ヒットしなかったが、突然15mほど先でボイルが発生するのを発見する。違う方向にキャストしていたので急いで回収し、ボイルの先(20mほど先)に投入した。すると、いきなりガツーンとヒットした。作戦成功である。

そして、エラ洗いでシーバスと分かったが、まずまずの引きで型も良さそうだ。今度はサオ先を水面近くにして、なるべくエラ洗いされないように注意した。

ジジジーッと鳴るドラグ音を楽しみ、徐々に寄せていく。急に手前に突っ込んできて、ラインが擦れてしまったが、運良く切れなかった。そして、今度は無事に取り込むことができた。

番匠川河口では小さい方といわれるが、自己記録となる51cmのヒラスズキ(フッコ級)であった。リーダーが傷ついていたのを見て、擦れに強いフロロカーボンラインにしておいて良かったと思った。

河口域ショアジギングで51cm頭に「ヒラスズキ」5尾手中【大分・番匠川】51cmのヒラスズキ(提供:週刊つりニュース西部版 APC・岡田賢一)

ヒラスズキが連釣

その後、数投ヒットしなかったが、ケイムライワシにカラーチェンジすると、再びガツーンとヒットした。メッキほどの激しい勢いは感じないが、ドラグからラインがジジジーッと出ていくのを楽しんだ。

そして、エラ洗いも耐えることができ、無事タモに入れることできた。43cmのヒラスズキであった。口にきれいにハリ掛かりしており、最初に釣ったのをキープしていたこともあり、こちらはリリースした。

行いが良かったのか、同じ所に投げるとガツーンとヒットした。しかし、直後のエラ洗いでバラしてしまった。さらに連続バラシで心が折れかけたが、3度目の正直で45cmをキャッチした。

次のページで最終釣果を発表!

現在、一部都道府県に緊急事態宣言が発令中です。外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。