ボートエギングで覚えておきたい基本の「シャクリ」パターン3選

ボートエギングで覚えておきたい基本の「シャクリ」パターン3選

機動力を活かしてアオリイカを釣ることができるボートエギング。今回はボート釣りで基本中の基本となる3つの「シャクリ」のパターンを紹介。

(アイキャッチ画像提供:WEBライター・兵頭良弘)

兵頭良弘

大阪府交野市在住。磯、波止、船釣りなど、ほぼオールジャンルで釣りを楽しんでいる。古くから親しんできた磯のグレのほか、波止チヌフカセや船釣りにもシフトしている。

×閉じる

ソルトルアー エギング&イカメタル

3.「ショートジャーク」

多段シャクリをやや軽く行いながら、リールを巻き取る方法がショートジャークである。これはルアーフィッシングなどでは様々なシーンで使われる技術だが、アオリイカのエギングでも多用する。

ボートエギングで覚えておきたい基本の「シャクリ」パターン3選ショートジャークで遠方のイカを確認(提供:WEBライター・兵頭良弘)

具体的にはシャクリ1回に対してリールのハンドルを1回転させラインを巻き取るのをワンピッチジャークと言うが、それを細かく続けて行うとワンピッチショートジャークになる。

ボートエギングでは、ゴロタ場や藻場などのシャローなどで広範囲に素早くエギを通すことでアオリイカの反応を見て、イカが姿を現すのを確認するために使うことが多い。シャローでのサイトフィッシングに使われる釣法だ。

組み合わせも重要

この他にもシャクリにはラインスラッグを利用したシャクリや、ハイピッチショートジャークなど、シチュエーションに応じたアクションでアオリイカを誘い出すシャクリが数多くある。

ボートエギングで覚えておきたい基本の「シャクリ」パターン3選引き出しを増やせば釣果アップ(提供:WEBライター・兵頭良弘)

また、1回の投入でいろいろなシャクリを組み合わせてアオリイカの目先をかえたり、イレギュラーに見せて反応させることも重要だ。私自身もまだまだ、勉強しなければならないが、一つでも多くの技術を身に付けることで、アオリイカを数多くゲットしよう。

<兵頭良弘/TSURINEWS・WEBライター> 

新型コロナウイルス感染拡大に伴う緊急事態宣言は全国で解除されましたが、外出する際には各自治体の最新情報を確認するなど引き続き感染拡大防止に努めてください。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしています。