フライお得帖:アワセ切れから手を切ろう クリンチ&パロマーノット編

フライお得帖:アワセ切れから手を切ろう クリンチ&パロマーノット編

フライの「難しい、高い」を「知る、工夫する」で解消しましょう。ミステリー小説家でもある筆者が解き明かすフライの謎と秘訣。今回は、アワセ切れから手を切るための「クリンチノット」と「パロマーノット」を紹介。

(アイキャッチ画像提供:WEBライター・浅暮三文)

浅暮三文

×閉じる

ルアー&フライ トラウト

パロマー・ノットも憶えて損なし

力を受け流すことでアワセ切れを防ぐノットがある一方、強い結束力に頼るパロマー・ノットをおさらいしておきましょう。結び方は図の通り。ティペットの最後がU字となり、それがハリ穴の後やフライのヘッド部分に留まるので結びの強さではピカイチです。ハリ穴にティペットを二度通すのが老眼の私には厄介ですが、憶えていて損はないノットです。私もインプルーブド・クリンチノットとこちらを多用しています。

フライお得帖:アワセ切れから手を切ろう クリンチ&パロマーノット編パロマーノット図(作図:WEBライター・浅暮三文)

アワセ切れから、さよならするには、次回文も含めても、どれかもうひとつのノットを憶えればよし。適宜、ティペットをチェックするのはお約束ですが。

<浅暮三文/TSURINEWS・WEBライター>

新型コロナウイルス感染拡大に伴う緊急事態宣言は全国で解除されましたが、外出する際には各自治体の最新情報を確認するなど引き続き感染拡大防止に努めてください。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしています。