アマダイ五目釣りで50cmオーバー大型本命浮上【神奈川・まなぶ丸】

アマダイ五目釣りで50cmオーバー大型本命浮上【神奈川・まなぶ丸】

9月11日(金)、神奈川県・相模湾片瀬のまなぶ丸からアマダイ五目に釣行しました。アマダイ五目船ならではの魚種多彩な釣果に大興奮!

神奈川県のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像提供:週刊つりニュース関東版 神奈川・木内瑤子)

TSURINEWS編集部

船釣り エサ釣り

まなぶ丸でアマダイ五目

釣行当日、相模湾片瀬のまなぶ丸からアマダイ五目に同乗したのは、師匠である釣りガール・ミホさん、奇麗で憧れのエリさん、そして天然で可愛いココちゃんの3人。

釣り初心者の私はアマダイ釣りも初めて、事前に下調べをしながら、仕掛けを準備しました。

アマダイ五目釣りで50cmオーバー大型本命浮上【神奈川・まなぶ丸】当日使用した仕掛け(提供:週刊つりニュース関東版 神奈川・木内瑤子)

アマダイのタックル

アマダイを狙う水深は60~100mで、ロッドは2m前後。

電動リールにミチイトPEライン2~4号。天ビン、オモリ80号、ハリスはフロロカーボンライン2~3号。この仕掛けがまなぶ丸の基準です。

アマダイ五目釣りで50cmオーバー大型本命浮上【神奈川・まなぶ丸】当日のタックル(作図:週刊つりニュース関東版 神奈川・木内瑤子)

エサの付け方

エサは支給されるオキアミを使用します。

ハリへの付け方は

(1)  尻尾の部分を切り取る

(2)  ハリ先を切り口から刺し込み、ハリ軸に対してオキアミが真っ直ぐになるように刺し抜いて完成。こうすると水中での回転を防ぎ、仕掛けが絡みにくくなります。

仕掛けの投入

ポイントに到着したら船長の合図でさっそく仕掛け投入です。この時、ミチイトが竿先に絡んでいないか、天ビンとハリスが絡んでいないか、ビギナーの私は特に注意して始めます。

アマダイの誘い方

海底にオモリが着いた後の誘い方は以下の通り。

(1)  イトフケを取って底ダチをとり直す

(2)  50cm~1m上げてアタリを待つ

(3) 反応がなければさらにタナを上げる。

それでもヒットしなければ(1)に戻って(3)まで繰り返し。

気が付かないうちにエサを取られることは多いので、時折、回収してチェックしましょうね。

アマダイ五目釣りで50cmオーバー大型本命浮上【神奈川・まなぶ丸】船上の様子(提供:週刊つりニュース関東版 神奈川・木内瑤子)

アマダイとご対面

「こまめに底ダチを取り直すことが釣果アップの秘訣」と聞き、その通りにするとコンコンッのアタリ。手巻きでゆっくり巻いて、ハリ掛かりを確認したら電動リールのスイッチオン。上がってきた初対面のアマダイに、思わず「可愛い~」を連呼してしまう私。

アマダイ五目釣りで50cmオーバー大型本命浮上【神奈川・まなぶ丸】初めてのアマダイを手にした筆者(提供:週刊つりニュース関東版 神奈川・木内瑤子)

様々なゲストも登場

隣に座るココちゃんもアマダイをゲット。彼女とは、その後もヒットするタイミングが同じで、アカイサキやオキメバルなどを釣り上げていきます。

アマダイ五目釣りで50cmオーバー大型本命浮上【神奈川・まなぶ丸】ココさんに本命(提供:週刊つりニュース関東版 神奈川・木内瑤子)

エリさんも多くの魚種が釣れてクーラーはにぎわっていきます。特にムシガレイが多かったみたい。

アマダイ五目釣りで50cmオーバー大型本命浮上【神奈川・まなぶ丸】エリさんがゲストに笑顔(提供:週刊つりニュース関東版 神奈川・木内瑤子)

次のページで大型アマダイが登場!

現在、一部都道府県に緊急事態宣言が発令中です。外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。